February 25, 2006

戦い終わって

今回のオリンピックは全体としてはいいオリンピックのように思う。実力を試され、”メダル”はその結果得られるものでしかないという、至極まっとうな雰囲気だ。積み重ねてきた力を出せた選手と、それをサポートした周りの人たちを裏切らない戦い。勢いだけの若手をキッチリと押さえ込むベテラン。フリースタイルスキーのような新種目の成熟。そういったものが感じられている。

一方で、”メダル”に異常な執着を燃やす日本の風潮とそれを作る報道には、正直いって閉口している。メダルを取ったら崇め奉り、ダメだったら惨敗の一言で片付けてしまう。メダルに届かなかった選手にも満足感や達成感があるはずなのに、開口一番「すいませんでした」と言わせる雰囲気っておかしいと思う。今は荒川静香がメディアに殺されないことを切に願う。

さて、ジャンプのことだ。

普段、自分が映像そのものから感じたことを素直に書くように心がけ、他の人が書いたものを引用することは極力避けている。主観的な立場を貫くためにはそうするしかない。後々読み返してみれば間違ったことを書いていることもあるけど、一ファンの戯言としてはこの方がいいと思う。正しいかどうかわからない2次情報に左右されて、妙に煽ったような言葉になるのだけは避けたいから。

でも、土屋ホームスキー部の木下監督のブログにおける団体戦後のコメントは非常に衝撃的だったので、これについて少しコメントしたい。

実際に読んでほしいが、中心部分を要約すると、

土屋チームとしては、これ以上ないぐらいに伊東と葛西(と大斗)を仕上げてトリノへ送り出した、という自負があった。しかし、トリノでは惨敗に終わった。この結果は戦前の調子を考えれば満足できるものではない。代表チームの組織的問題が原因となって、選手の力が十分に発揮されないまま終わってしまった

ということである。

彼は、間違いなく、今回の結果に失望し、怒っている。だって、こんなことをブログに書けば物議をかもすのは目に見えている。それでもあえて主張せざるを得なかったのだろう。

選手のコメントを見ても、彼の指摘する問題が伺える。特に若い伊東は土屋で教えられたことと、カリ・ユリアンティラコーチが言うことの齟齬に苦しんだようだ。ラージヒルでの彼の失敗について非常に厳しいことを書いたけど、その失敗の裏にコーチに対する不信感や技術的な迷い・自信喪失があったということであれば、それは周りも含めた問題だ。選手個人だけを責めるのは間違っていたと思う。

個人的にはこう思う。
とにかく、ユリアンティラと各企業チームのコーチが良く話し合って、今後の方向性を打ち出してほしい。大人の喧嘩をして、問題点を洗い出してほしい。妙な感情的な問題に発展してユリアンティラが追い出されるような方向では、真の解決には至らないと思う。代表とクラブの二重構造の問題は、ユリアンティラのような外圧がなければ絶対に解消しないと思うから。お金の流れの根底から覆さなければならないのだから。

幸い、選手はへこたれていない。伊東は将来への責任感を口にしている。頼もしい。ベテランにはユリアンティラを見返してやろうという気概が感じられる。メディアが言うほど、日本ジャンプは沈んではいない。
まだ、WCは続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

日本、大健闘の6位入賞

団体戦はオーストリアの金銀メダリストがキッチリと仕事をして、必死に食い下がったフィンランドを振り切って金メダルに輝いた。アホネンが本来の力を出したフィンランドが銀。インゲブリットセン投入が裏目に出たノルウェーが銅という結果であった。

以下、ドイツ、ポーランド、日本、スイス、ロシアの順であった。案の定スロベニアは2回目に進めなかった。ポーランドの大健闘以外は順当な結果といえるだろう。

風の状況は今までよりは安定していたし、ゲート設定も適正で(8本目は急に追い風が無くなってちょっと大盤振る舞いになったけど)、転倒なし。各チームの実力が発揮された、素晴らしい試合だったと思う。

風は安定していたけど、何故かスイス、日本、ドイツの3チームのときに妙に状況が悪かったなぁ。日本の各選手はそれぞれ素晴らしいジャンプをしたと思う。ちゃんと8本揃っている。でも、特に1回目はぜんぜん風が当たらなかった。伊東、葛西、岡部は上位10チームの中で一番悪いときに飛んでいると思う。それぞれわずかな差なのだが、実力的に絶対的なものがないだけに、積み重なると苦しい。2回目は伊東以外は状況は悪くなかった(本当に、伊東は運が悪すぎたなぁ・・・)けど、1回目のビハインドを挽回することはできなかった。

私は、風の恩恵無しでの6位入賞は素晴らしい成績だと思う。メダルゼロに終わった、っていう論調が出るのかもしれないが、もとよりメダルは奇跡的な幸運がなければ無理な状況だった(うーん、葛西のノーマルは普通にあり得たかな・・・・)。そして、団体の入賞、そして個人でも1人入賞、というユリアンティラコーチの目標はちゃんと達成できている。選手たちはできることをきちんとした、と賞賛されてしかるべきだ。

今回の団体戦は本当にレベルが高かった。ホルンガヒャーに育てられたポーランドの若手はいいジャンプをしていたし、シュタイアートコーチがドイツ・マテリアル技術を注入したロシアは凄い飛び出し速度から距離を伸ばした。チェコはヤンダの調子が少し戻り、若手も頑張っていたのだが、それでも2回目に進めなかった。世界選手権で団体メダルに輝いたスロベニアですら、ちょっと調子が落ちたらもうノーチャンスである。そのなかで余裕で2回目に進んだのは日本の実力の証明だと思う。

それにしても、オーストリアとノルウェーの選手達はどうやってあの飛び出し速度を得るのだろう。ペラペラスーツ・レギュレーションで浮力が得られない今、飛び出し速度を上げることが飛距離を上げる近道。みんな一日中風洞に入っているのかな。

オリンピックはこれで終わりか・・・寂しいなぁ。
ジャンパーの皆様、次のバンクーバーに向けて、まずはゆっくり休んでください。
マリシュが2回目を飛び終わった後にさびしそうな目をしていたのが印象に残ったな・・・。日本のベテラン2人にはそんなそぶりは微塵も無かった(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 19, 2006

一夜明けてのラージヒル雑感

ラージヒルの結果について少し雑感を記しておきたい。

日本勢。結果だけ見れば残念だったというしかない。でも、岡部の2回のジャンプは現状では精一杯、90%以上の力は出している。葛西の1回目は堅かったけど、2回目は彼らしい強いジャンプだった。条件はそれほど良くは無かったが、他のジャンパーに比べて悪いということも無かったと思う。たぶん、若干のすがすがしさの中に、ものすごい悔しさがあるんだろうな。2回とも完璧でもメダルには届かなかったであろうという感覚。爆発力、本番での上積み、そういうものの欠如。岡部のコメントは正直だと思った。

一戸のジャンプには正直驚いた。よくここまで戻ったものだ。団体も任せたぞ。

そして、伊東。確かに条件は良くなかっただろう。でも、どんなに条件が悪くても、彼の実力を考えれば2回目に進めないなんてことはない。私は、彼は飛ぶ前から負けていたように思う。スタートゲートで、旗がなかなか振られないことに顔をしかめ、右手をいらだたしげに動かしたのを私は見逃していない。ヨケルソイは42秒待ってシグナルが緑になっても、顔色一つ変えずに、いつもと同じようにスタートした。強さの底にあるものとは。それを感じてほしい。もうあんなコメントは聞きたくない。

ヨケルソイ、ビストル。本当に強い。彼らの、ロス少なく、ふところの深いジャンプが追い風に強いこともあるが、ここ一番で最高のジャンプができる集中力が凄い。ノルディックの本場の面目躍如だ。

一方、ビド、コッホ、クラニェツ、ペターセンあたりは空気の薄さと追い風に持ち味を殺されている。そして、それに対応できない不器用さ。1発勝負ではジャンプの型と台のフィットが重要だ。場所が違えば彼らがスターだったということもあり得るのだ。

アホネンとヤンダは揃ってメダル無しに終わった。ヤンダは調子を維持し続けることの難しさ、アホネンは大本命のプレッシャーに打ち勝つことの難しさを物語っていた。

ハウタマキ・キュッテル。ジャンプの調子は間違いなく悪くない。でも、風の女神に見放されていた。一回でも風が当たればメダルに届いていたと思う。

マリシュ・アマン。マリシュはオリンピック直前にひざを痛めたそうだ。また、アマンはノーマルでの大転倒の後、感覚がおかしいと漏らしていたのだが、ラージではちゃんと2本そろえた。厳しい状況でもへたれない強さを見せてくれた。

団体は金銀メダリストを擁するオーストリアが一歩リードしている。しかし、平均レベルを考えるとノルウェーとの差はほとんど無いと思う。結局、ビドやペターセンあたりの出来が勝負を決める。フィンランドはアホネンが本来の力を出すことが、金への前提条件となるだろう。

ドイツチームは個々のジャンパーの調子はいい。でも、アレックス・ヘアがテレビ番組のインタビューでコーチ批判をし、本国に強制送還となったことの影響が心配。彼の代わりに出場するマルティン・シュミットがチームを乗せられるかどうかがメダルへの鍵となるだろう。

日本がドイツと争いに持ち込み、メダルへの望みをつなぐには、伊東の力がいる。スイスはメリンガー好調でアマンも戻ってきて、戦える状態になった。有力だと思ったスロベニアは案外の出来で、若手の成長が著しいポーランドや好調のロシアに負けて入賞すら逃すかもしれない。

| | TrackBack (1)

2人の勝利

オリンピック・ラージヒルは追い風との闘いだった。
実力と運、両方が試された。

追い風が3mに達するような状況では、最高のジャンプをしてもK点に達すること難しい。例えば、1回目のヴァシリエフとか2回目のヨケルソイ。実力だけでは勝てない。

一方、最高の舞台の上では、2回とも最高のジャンプをした選手だけが女神の寵愛を受ける資格があることもまた事実である。

しかし・・・今日のモルゲンシュターンとコフラーは女神の寵愛を一手に引き受けたようであった。

まず、コフラーの1回目はジャンプも良かったが追い風が上位陣で一番弱かったと思う。134m。すぐ次のモルゲンシュターンの時、もう既に条件はコフラーほどは良くなかった。しかし、それでも133mまで伸ばした。実力の証明。二人で1位と2位。プレッシャーの分散はこういう場合はとても必要な要素である。

2回目。残り10人。追い風は強い。ビストル、キュッテル、ハウタマキのジャンプはそれぞれ最高に近いものだった。でも、伸びない。そして、1回目3位のヨケルソイ。彼は追い風に強く勝負強い。しかし・・・風が強くなる。3mを超えた。シグナルがなかなか緑にならない。黄色のまま20秒、30秒・・公平を期するために待つか・・・誰もが思った瞬間、風が少し弱まった。シグナルは緑に。コヨンコフスキーコーチはギリギリ7秒まで待って旗を振った。まだ風の余韻が残る中、ヨケルソイは最高のジャンプをした。しかし、K点125m。この状況で40秒も待たされてこのジャンプができるのは「ミスター集中力」と呼ばれる彼しかいない。でも、この時点でビストルを上回れず。ビストルのノーマルに続くメダル確定。

そして・・・モルゲンシュターンがゲートに上がると、嘘のように風が止まった。シグナルが緑に、そして間髪をいれずに旗が振られる。地を這うようなアプローチから放たれたジャンプは一直線に140mに達した。しかもテレマーク入りで。誰もが彼の勝利を確信した。フィンランドの審判はご祝儀飛型点20点を出した。

最終ジャンパー、コフラー。モルゲンシュターンの大ジャンプを見て、自分のプレッシャーは吹き飛んだに違いない。風は止まったまま。ガツン!と飛び出した。高い飛行曲線を描いたジャンプは139.5m。しかし・・・飛行曲線の違いは、ヒルサイズに達するジャンプでは、ランディングに現れる。スキーが流れ腰が落ちた。飛型点が出て・・・微妙。

しかし、もう点数なんてトーマスとアンドレアスには関係がなかった。点数が出る前からブレーキングゾーンで抱き合う二人。結果はモルゲンシュターンが0.1点だけ上回って金メダルだった。

もし、フィンランドの審判のご祝儀飛型点が無かったら・・・・なんて野暮なことを言うのは止めよう。若い2人が新時代の幕開けを告げた。2人の勝利だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

ビストルおめでとう

オリンピック・ノーマルヒルの王者はビストルであった。
私の呪い(大穴指名)を破っての勝利である(笑)。

やはり、風がすべてを決める試合となってしまったなぁ。
1回目の上位5人ぐらいは非常に厳しい条件で飛ばされて軒並み失速。ビストルに金メダルが転がり込んだ。

オリンピックの2回目、メダルがかかっている状態では最高のジャンプをすることは難しい。多かれ少なかれ普通と違うジャンプになる。追い風のノーマルヒルでは、そういうちょっとした失敗が致命的となってしまう。条件が公平ならモルゲンシュターンが勝っていた、と思う。

アホネンの2回目は本当に堅い、ソロ~リとしたジャンプだった。あれじゃメダルを取れないよ・・・。ラストジャンパーのヴァシリエフの方がずっと堂々としたジャンプだった。着地が乱れて10位まで落ちたけど、彼の健闘には拍手を送りたい。銀メダルに輝いたハウタマキ、飛型勝負で敗れたが好調は維持している。ラージはモルゲンシュターンとの一騎打ちだろう。

で・・・日本勢は・・・残念な結果に終わった。
伊東は2本ともいいジャンプだった。少なくとも力は出した。ラージにこのいい流れを持っていってほしい。

しかし・・・岡部はどうしてしまったんだろう。1回目は間違いなく大失敗ジャンプ。原田の世紀の失敗ジャンプと同じぐらいタイミングが早かった。力んだ、にしてもあんな失敗をした岡部を見たことがない。2回目はもう力が残っていないようなジャンプだった。何か、どこか悪いようなジャンプ・・・アプローチ姿勢を完全に取れていないような感じがした。飛び出し速度が異常に遅い。心配だ。

葛西の1回目はジャンプは良かったが条件が悪くて伸びなかった。しかし・・・2回目は・・・。普通に飛んで欲しかった。

何か、悪い流れが日本チームに漂っている。誰か、この流れを断ち切ってくれ!他競技でもいいから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

偶然と必然

原田がオリンピックという舞台でやってしまったことはトップアスリートとして言い訳のできないことだったと、本人が一番よくわかっていることだ。

でも、明けて冷静に考えてみると、これは必然の出来事だったように思えてくる。

BMIのレギュレーションが導入されたのは、昨シーズンからだった。原田の不調はそのずいぶん前から始まっていたから、彼はレギュレーションができてから、サマーを含めても数えるほどしかワールドカップレベルの戦いに参加していなかった。

サマーや、コンチネンタルカップや、国内大会では冬のワールドカップのような厳しい検査は行われないだろう。その厳しさを肌で感じることが、無かったわけではないが、身にしみることがなかった。

それにそのような勘違い(自分のリミットを1Kg間違える)をしていたとしても、ワールドカップに常時参戦していれば、どこかで失格になって気づくはずだ。

ベテラン、経験の豊富な、修羅場をくぐりぬけてきた男、というような原田を表現する言葉は氾濫している。でも、実際のところは彼にはトップレベルでの経験の浅さがあったのである。ブランクを埋めるステップを踏まないまま、突然オリンピックに出さされても、葛西らと同じ意識レベルにはなれない。

実戦豊富な高齢馬でも、休み明けはポカをするのと同じだ。

何が言いたいかと言うと、今回の原田の大失敗は現時点の彼にはどうすることもできない、臨戦過程を含めた流れが下地としてあったということだ。そして、原田を選んだ時点でそれは「リスク要因」として織り込み済みだったのである。そのリスクを考えずに原田を代表に選んだのだとしたら、それは選んだ方に責任があるということである。どうであれ、選んだ側が(それを見えざる意識の集合体として後押ししたファンも含めて)原田を非難するのは間違っている。

誰だって勘違いはする。だって人間なんだから。それは、いつでも、誰にでも起こりうる。でも・・・それがオリンピックで起こる偶然。「偶然と必然」が織り成すドラマか。

原田はやはりオリンピック男だった。それが結論なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2006

原田ぁ~はぁ・・・

NH予選で原田が失格となった。
スキー板の長さを規定しているBMIに200g達せず。
たったの200g・・・コップの水一杯。
プレッシャーで体重が落ちたのだろう。それにしても、ほんっと、何かやってくれるんだから!

まぁ、このまま本戦に出ても入賞はかなり厳しかっただろう。本戦では主役は葛西と岡部に交代するのは目にみえていた。話題になるという意味では失格の方が強烈だ(苦笑)。でもなぁ、200gはミスの範囲だぞ。厳しいようだが、ベテランらしからぬ大失態でせっかくの出場枠を台無しにした、と評せざるを得ない。

これでもし、彼がラージとか団体で復活して奇跡のメダルと言われても、心底からは喜べない気がする。(けど、実際にそうなったら泣いてるかも)。

他にも3人が失格となった。ノルウェーのビストルはレコードのジャンプを叩き出したが、スーツの通気性違反で失格となった(彼は予選免除なので、スーツを変えれば本戦は出場可能)。日本チームの新しいスーツも通気性の問題で使えないらしい。どうやら検査は相当に厳しいようだ。おそらく、同じ素材のスーツを着ているジャンパーはたくさんいると思われる。レギュレーションギリギリを狙った勝負スーツは、一方で失格の危険性を孕んでいるということか。

今日のようなゲート設定だと能力勝負というよりは飛型勝負、技術勝負となる。しかもランディングバーンが堅くて危ないのは、転倒事故や故障の続出(複合の大斗がその犠牲となったが)が物語っている。こうなるとアホネンやハウタマキはかなり厳しい。彼らは思い切り飛べない上に、飛行曲線が高いジャンプだからランディングが難しい。一方、ビストルやキュッテル、ウアマンといった技術上位のジャンパーが浮上することになる。そして、日本勢では葛西。今日のジャンプもとても良かった。あれを二回出してほしい。

岡部はちょっと不調、というよりはなんか体が重そうだ。彼も腰に問題があるので自重しているのかもしれないけど。伊東はノーマルはこんなもんでしょう。調子はよさそうだ。

他の有力どころでは、ヤンダとヨケルソイがまったく精彩を欠いている。両方とも表情がそれを物語っている。一方、復活の兆しがみえるのがマリシュだ。

明日の本番はどうも荒れる予感がする。逆に言えば、日本勢にもチャンスがあるということだ。この台は基本的に風は追い風だが、一定していない。予選で上位だったことが逆に災いするような、そんな状況になるようながする。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 10, 2006

期待・・・してもいいよな

トリノオリンピック開幕!
ジャンプの公式練習が行われ、なんと!原田が3回とも100mを越えるジャンプを見せた。しかも3回目は上位と同じゲート設定。自力で本番への道を切り開いた。

ゲートが同じといっても2番のビブで飛んだのだから、何十人も後の上位勢と同じ条件だったかどうかはわからない。それでも、3回とも100mを超えたのは原田以外には2人しかいないのだから、調子がいいことは間違いない。こりゃ期待するなという方が無理だ。2回目は絶対、入賞もあり得る。とにかく予選で失敗しないでくれ~。

そして、その3回とも100mを超えた2人の内の1人が葛西なんだな。こちらは、3回とも上位と同じゲート設定で、しかもそのうちの2回がトップの飛距離なのだ。マスコミは原田原田と言っているが、葛西がメダル、それも金色を狙える状態にあることを何故強調しない。岡部、伊東も100mジャンプを飛んでいて好調を維持していることが伺える。こりゃ、ノーマルヒルの台は思った以上に日本人向きの台らしい。標高が高く、体格差による浮力の差が少ないとは言われていたが、ここまでとは予想していなかった。

もちろん、本当のトップの人たちは練習で思い切りは飛んでいないだろう。だから、本番はそうは簡単にはいかないのは重々わかってる。でも・・・わくわくしてきた。本番が待ち遠しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

五輪前哨戦 in ヴィリンゲン (と五輪メダル予想)

ヴィリンゲンのミニフライング台で行われたオリンピック前最後のワールドカップ。スロベニア・ポーランド・ロシアのAチームは東欧らしく極秘トレーニング(笑)で欠場だったが、上位が顔をそろえて団体戦が行われ、まさに五輪前哨戦であった。

個人戦ではコフラーがとうとう勝った。荒天模様で上位が苦しんだのにも助けられたが、彼にもようやく運がめぐってきたというところだろう。実力的にはいつ勝ってもおかしくない状態を維持していたのだから。それより、2位に入ったモルゲンシュターンの復調ぶりが目立つ。スーツは赤白のツートンカラーのやつに決めたようだ。ここ数戦で何人かがスーツのレギュレーションで失格になっており、オリンピックを前にしてFISは本腰を入れて違法スーツの取締りをしていることが伺えるが、このスーツはOKということになったらしい。また、伊東が4位に入った。2本きっちりと今できることをして、しかも少しの運があったが、それでも表彰台には上がれなかった。伊東・岡部の状態は公平に見て上から10番目ぐらいだろう。オリンピックでメダルに届くには、もうちょっと、風の女神の力がいる。

オリンピック個人のメダルは、ラージはアホネン・マッチハウタマキ・モルゲンシュターンにヨケルソイと見るが、クラニェツやペターセンが大穴か。ノーマルはデータがないのでわからないけど、アホネン・マッチハウタマキ・ヨケルソイ・ヤンダにコフラーというところで、大穴としてスロベニアのダムヤンとビストルを上げておこう。岡部のメダルチャンスはノーマルの方が大きいと思う。伊東はラージに期待したい。

日曜の団体戦は面白かった。天候条件は個人戦よりずっと安定していたし。結果はフィンランド、オーストリア、ノルウェーの順。順当だ。順当だけど、この3チームの力差はほとんどないと思う。今日はオーストリアではヴィドちゃん(個人ではスーツで失格になったことも影響していると思われるが)、ノルウェーではペターセン(コヨンコフスキーコーチの刺客として逆転代表入りしたのだが)がブレーキとなり、好ジャンプをそろえたフィンランドに差を開けられたけど。ま、大駒が2枚いるフィンランドが頭一つだけ有利いうところか。

この3チームと、次のドイツにはかなり力の差がある。今回、ドイツは実力を考えれば最高に近いポイントを出したのに、失敗があったオーストリア・ノルウェーに最後は突き放されてしまった。そのドイツにちゃんと8本揃えたのにまったく歯が立たなかった日本のオリンピック団体でのメダルのチャンスは限りなくゼロに近い。ただ、2回目も危ないと言っていたことを考えれば本当によくここまで復調したものだ。
オリンピックではスロベニア、ドイツと素晴らしい4位争いをしてくれれば、それでいい。上位3チームの誰かにPechvogelが舞い降りることを願ってまで、メダルを望むことはしたくない。

| | Comments (2) | TrackBack (1)