February 23, 2014

オリンピックの求心力 ソチオリンピック総括

素晴らしい祭典だった。
ただ一つネガティブなことを言うとすれば、それは、ゆるい氷、ジャリジャリの雪が選手たちのパフォーマンスに少なからず影響しているように見えたことだろう。地球温暖化の影響とかそういうことよりも、単にソチという場所が冬季五輪を行うには暖かすぎたということになろう。

スキージャンプにおいては、その影響をドラマティックな形で受けてしまったのが高梨沙羅だった。実は彼女の涙を見て、「オリンピック至上主義との決別」をテーマに、以下のようにこのオリンピックを総括しようと思っていた。

スキージャンプはあまりにも環境要因に左右される部分の多いスポーツだから、一発勝負にはそぐわない。特にオリンピックは新造の台で行うから台との相性がすべてを決めてしまう。不条理な環境要因でスキージャンパーの数年間の努力が無に帰するのは、本当に忍びない。だから見る方も、少なくともスキージャンプにおいては、オリンピックを特別視するのはやめて、普段のワールドカップをもっと評価しようよ。ワールドカップの総合王者を真の王者として遇し、オリンピックはいわゆるお祭り騒ぎ、野球で言えばオールスターゲーム的な扱いで行こうよ。そしてメダルを取った、取らないであんなに極端に扱いを変えるようなことを、しないようにしようよ。

私は基本的にはそう思っているし、そう主張したいという気持ちは今も大きい。

でも・・・・男子ラージヒル、団体を通じて見えてきたものは、オリンピックの凄さ、そしてそれに賭ける選手たちの思いの強さだった。

それは日本代表選手に限ったことではなかった。

日本では報道されていないけど、いつもはクールなシュリーレンツァウアーがORFのインタビューで突然涙を流したのにはびっくりした。涙の理由は定かではないが、シュレリーのチーム批判ともとれる発言を出発点とした、メディアによるシュレリー・ポイントナーの確執報道がその背景にあった。シュレリーがオリンピック直前にドバイにバカンスに出されたことが、問題の深刻さを物語っていた。でも・・これらの根源には、シュレリーにかかっている大きなプレッシャーとオリンピックにかける彼の思いがまずあって、そして、パフォーマンスが上がらないことへの苛立ちがあることは間違いなかった。

ドイツチームはソルトレークでの金メダルの後、12年間ずっとオーストリアの後塵を拝してきた。メディアからは叩かれ続け、選手・スタッフは悔しい思いを募らせてきた。復権のため、オーストリアからのヘッドコーチ、育成コーチ招聘などプライドを捨てて取り組んできた。そんな中行われた昨年の世界選手権はリベンジの絶好のチャンスだと思われたが、エースの働きを期待されたフロイントは調子を崩し、団体戦では2番手で出場したものの低調に終わった。オーストリアとの差は僅差だった。彼は金メダルを逃した責任を背負い込むことになった。だからこそ今回、団体金メダル決定の瞬間に彼の喜びが大爆発したのだった。そのとき、ドイツ人のスタッフたちもみな涙していた。

空前のジャンプ・ブームに沸くポーランドで、偉大なるマリシュの後継者として、金メダルを義務付けられてオリンピックに望んだストッコのプレッシャーの大きさはいかなるものだっただろう。そして、ひょうきんな素顔でストッコと人気を二分するジラが、今回のオリンピックで背負ってしまった十字架の大きさを想像すると、いたたまれない気持ちになる。このジラの気持ちが本当にわかるのは、原田雅彦だけだと思う。

それ以外にもモルギーの奇跡の復活、クラニェッツの片足での戦い・・・・オリンピックでは「一念岩をも通す」の格言ような、普段ならありえないことが実際に起こってしまうのだった。こういう、選手たちとそれをサポートする人々の思いを感じてしまったら、オリンピックはお祭り騒ぎに過ぎない、なんて言えなくなってしまった。

それに実際のところ、今回の結果には選手たちの積み重ねてきたものが確実に現れていた。確かに不条理はある。でも真の強さを持った選手・チームはそれを撥ね退けてみせた。

オリンピックの求心力。4年にいちどの本番に、すべてが収斂していくさまを見て、それを認めないわけにはいかないのだった。

だからこそ・・・その舞台が、できる限り公平な舞台であることを保障する努力をFISとIOCには求めたい。新造台においては、少なくとも数回は本番前にワールドカップレベルの大会が行われて、台の問題の洗い出しと必要な改修、そしてジュリーや選手が台の癖を掴む十分な機会が与えられるようなスケジュールが組まれるべきではないかと思う。

次は韓国、平昌オリンピック。間違いなく日本にとっては地の利のある場所。どのような戦いを見せてくれるのだろう?4年後、世界が、そして自分の周りが、それを楽しめる状況にあることを切に願うよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 17, 2014

素晴らしい戦い 独墺の底力を見せつけられた スキージャンプ団体

清水、竹内、伊東、葛西。みんなよくやった。8本、素晴らしいジャンプを揃えた。
長野以来の団体戦のメダル。欧州の強豪に真っ向勝負を挑んだ、この戦いぶりを誇りに思う。
たぶん、本人たちも納得の銅メダルだと思う。

ドイツ、オーストリアにまったく隙が無かった。
特にドイツのクラウスの1回目にはたまげたよ。あれがここで出ることが、チームの層の厚さを物語っている。モルギーの2回目も。最後の最後で本当に「戻ってくる」ところが凄い。そしてシュレリー、まさに王者の意地。なんか、ようやくモヤモヤしたものを突き破った感じがした。そして、最後、追い風を受けながら、それを力でねじ伏せたフロイントも見事。両チームともに強かった。

実力で上のチームに100%以上を出されたら、他のチームがそれを上回るには「ミラクル」が必要だ。金メダルまでの差は16.6点、小さいようでいて、ものすごく大きい差を感じた。分厚い、独墺の積み重ねてきたものに跳ね返された感じがする。

日本チームは決して順調ではなかった。この手負いの状況でメダルを獲得したことは、まさに快挙だと思う。負かしたポーランド、ノルウェー、スロベニアは決して弱くない。

日本代表の皆様、素晴らしいオリンピックの戦いをありがとう。
まずオリンピックの残りの時間を楽しんで、そして傷ついた体を休めてあげてください。
伊東選手、膝がそれほど悪くないことを祈ります。


(追記)
この書き込み、あえて感情的なものを排除しようとしたけど・・・・インタビューの葛西・伊東の涙を見て、本当はすごく苦しかったんだな・・・・。伊東選手、満足に歩けない状態でよく130mも飛んだよ。みんなで支えあってよくメダル取ったよ。形に残るものが得られて、本当に、良かった!

| | TrackBack (0)

February 16, 2014

ストッコ、王者の力 葛西の執念を上回る ソチオリンピック ラージヒル 個人

表彰台に並んだ3人のゼッケンが48番、50番、49番だったことが、明快に、この戦いが「総合力」を問う戦いであったことを示している。ワールドカップ上位3人が表彰台で、ゼッケン46番の総合5位、フロイントが4位。そして、ゼッケン47番のシュレリーが7位に沈んだことは、彼の力が戻らなかったことを示している。

戦前の私の理性的な予想は、みんなが普通に飛んだ場合、葛西は残念ながらメダルには届かず4位か5位というものだった。葛西を最後の最後まで見くびっていたのだ。

ヴィリンゲン以降の流れを見ると、明らかに「調子カーブのクロスオーバー」が起こっていると思った。ストッコとフロイントがグーンと来て、葛西・プレウツが徐々に落ち始めていた。だから、トレーニングを見る限り、ラージの台はノーマルに「似てはいるが非なる」台で素直に力を反映しそうな感じだったので、今回は「金銀」はストッコとフロイントの争い、残りの銅メダルをプレウツ、葛西、ヴェリンガー、ハイベックで争うと言うのが見立てだった。

だが、葛西が予選をキャンセルするなど「順調でない」と聞いて、ひそかに、これはいけるのではないかとも思っていた。というのも、彼の好成績は何かのトラブルを抱えているときに集中している。どうも、順調すぎるとそれが力みにつながって、本番で力が出ないようなのだ。

彼は大倉山ワールドカップのときに、ポイントを稼いで上位3人に入りたい、そうすればメダルのチャンスがあると言っていた。この言葉・・・・深い。オリンピックでの展開を何百回も頭の中でシミュレートしていたのではないだろうか。さまざまなメダル獲得のプランが頭の中にあり、今回はその中の一つに当たった。一度心の中で体験してしまったことなら、それをトレースするのは比較的容易だったのではないだろうか。

46番のフロイントと上位3人の差は・・・・運だった。微妙な差だが、勝負を左右するのには充分な風の差があった。本当の勝負のとき、強い奴にはいい風が吹く。上位3人に入っているということは、一番強い奴が集まっているところで飛ぶ・・・いい風が来る可能性がそれだけアップする。そして、本当に負かさなければならない相手と同じ条件で飛ぶということにもつながる。上位3人に入っておきたいという言葉の裏には、風の運に左右されたくないという意味も含まれていて、つまり、風が同じなら勝負できるという凄い自信の言葉なのであった。

そして、葛西の金メダルプランは、完璧に実行された・・・・はずだった。誤算はストッコのとんでもない力だった。ラストジャンパーのプレッシャーを受け、失敗しながらあそこまで行くなんて。トップ・パフォーマンスに確実な差があったことを認めざるを得なかった。ただ、単に、強い。金メダルにふさわしい。

ヴェリンガーやハイベック、ディートハートあたりは完全に風にやられてしまった。風の有利不利がかなりある戦いだったこともまた事実。ただ、それがフロイント以外でメダルの行方を左右したわけではなかった。

そして・・・アマン。結局、魔法のスピードブーツを元の古いものに戻して本番に臨む決断をしたそうである。結果は23位。今回は魔法が入り込む余地の無い戦いだったということだろう。

日本勢は、9位伊東、10位清水、13位竹内・・・・みんな素晴らしいジャンプだった。特に伊東は風にあれだけ翻弄されながらよくこの順位にとどまったと思う。ちょっと・・これって団体いけるんとちゃう?数字上は、長野のときと同じぐらいのチーム力があるように思える。大エースもいるし、4人に穴がまったく無い。上位の力は拮抗している。流れでどうにでもなりそうな感じ。

月曜が楽しみだなぁ。こんなに楽しいオリンピックは久しぶりだ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 15, 2014

夢のような・・・良かった、ほんとうに

葛西が空中に飛び出した瞬間
その速さ・・・メダルを確信して叫んだ
次の刹那、降りてくれと願った
そして、完璧なテレマークだった。

金メダルまでの1.3点。
次のオリンピックで。

今日はとりあえず喜ぼう。
回顧はまた明日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 09, 2014

ストッコ、マリシュも為しえなかった夢を果たす ソチオリンピック ノーマルヒル個人

今回のオリンピック、ユーロスポーツは放映権を取得せず。
まぁ、地上波でやるみたいだからいいだろう、とタカをくくっていた。

今日の19時まで、リュージュにスキージャンプが蹴られる国があるとは露とも思わなかった。ロッホの金メダルは凄いけど・・・・その4回目の滑りと表彰式がジャンプの1回目を完全に飛ばしたのであった。ロッホの雄たけびを聞きながら、FISのLive Tickerでストッコがいきなり勝負を決めてしまうところを見る羽目になった。2回目は見られたけど・・・・1回目の結果で、もう、メダルはよほどのことがない限り動かない状態だった。

ストッコ、プレウツ、バーダル・・・・まぁ、順当だろう。
強いジャンパーはやっぱりちゃんと合わせてくるね。前に行くストッコのジャンプはここのフラットな台にバッチリ合っていた。マリシュが取れなかったオリンピックの金を、至極簡単そうに取った。でも、この大一番にちゃんとトップフォームを持ってくるのが簡単ではないことは、アホネンやシュレリーが一番良く知っている。

風の有利不利が多少、ある戦いだった。
途中、いい向かい風が吹く瞬間があり、ロシアのマクシモフスキンが104mの大ジャンプ。地元開催はこれがあるから恐い。しかし、その風は長くは続かず、あと15人ぐらいからは結構厳しい戦いになった。一番悪い風を受けたのはヴェリンガーとシュレリーだった。共に2回目にジャンプアップしたがメダルには遠く及ばなかった。それにしてもシュレリーは案外だったね。あれくらいの風はちょうどいいハンデ、みたいな、いつもの強さを見たかった。幸いなことにその追い風は葛西の時には弱まっていた。プレウツはとても運が良かった。ジャンプも完璧。あれで勝てないなら仕方ない。で・・・・最後のストッコ、風なんて関係ないというジャンプだった。一人だけ違う曲線で飛んでいた。

ドイツ勢は、追い風にやられたヴェリンガーだけじゃなく、フライタークは着地点がエアポケット状態で両足着地になるし、フロイントにいたってはちょっと堪え過ぎた感じで転倒してしまうしで、散々だった。1回目に最高のジャンプをしたヴァンクにしても、向かい風が止むのを待たされて、ゲートが一つ下がり、その挙句に風は止まっていたという状況だったしね。しかもそのヴァンク、2回目は最悪の追い風。ヴァンク、ヴェリンガー共にジャンプは2回ともほぼ完璧だったと思う。ついてないときはこういうものだ。

オーストリア勢はシュレリー以外は健闘といっていいだろう。トレーニングから好調でメダルの期待もあったハイベックだったが、2回目のジャンプは外しちゃったね。やはりここ一番での経験不足が出てしまったか。ディートハートは逆に本番に強いなぁ(4位)。モルギーは飛べるだけで凄い。ラージではちゃんと戻ってきそうな感じ。

日本勢はそれぞれにしっかり飛んだと思う(竹内の2回目は大踏み外しだったけど)。葛西はノーマルでもきっちり8位入賞で結果を残すところが凄い。おそらく葛西・伊東の2人は意識してノーマルをパスしたんじゃないかな。ここのノーマルはフラットで癖のある台だから、できる限り飛ばないことで、体に変な癖を残さないようにしているのだと思った。高温のためランディングバーンはジャリジャリ。2人とも膝に不安を持っているから、リスクを避けるという意味でもいい判断じゃないかな。勝負はラージなんだから。

スロベニアはプレウツの銀メダルの一方、もう一人のエースであるクラニェッツが予選で転倒し、そのときは大丈夫そうに見えたが、検査の結果、思ったよりも重症でラージに出られるかどうか微妙らしい。

総括としては、オリンピックの金メダルに一番大事なのは新造台との相性。それこそが運なのだと、強く感じる戦いだった。

さて、次は女子だが・・・・うーむ、この高温状態が続くようなら、軽量の高梨は苦戦するかもしれない。来週はもう少し気温が下がってくれるよう、祈りたい。

| | TrackBack (0)

February 07, 2014

オリンピック開幕

プーチン、気合入ってるなぁ、というのが開会式を見た感想。
最後の聖火ランナーがプーチンだったらどうしようと思った。

ノーマルヒルの公式練習のデータで気になることがある。
ストッコの調子の良さではなくて、アマンが徐々に飛距離を伸ばし始めたこと。
そして、ほぼ常に飛び出し速度が全体1位であること。

アマンの飛び出し速度の速さは、ジャンプ週間ぐらいから気になっていた。
彼はスキーは上手いけど、小柄で短いスキーを使うから、大型ジャンパーより速いなんてことは、昨シーズンまでは無かったと思う。

それに彼は関節が柔らかい方ではないから、クローチングを深くしたら重心を前に保つことは難しいはず。だから、クローチングを深くしてスピードを稼ぐプレウツとかジラみたいなジャンプはできない。

ナンデ?どうやって速度を出している?そしてサッツで妙に方向性を上に出そうとしているように見受けられる。絶対、何か確信があってジャンプを大きく変えようとしていると思う。

そして、とうとう距離が伸び始めた。
来週のラージヒルでは、皆が驚愕するようなパフォーマンスを出すような気がする・・・・。

全然飛ばない葛西も不気味。
面白くなってきた。

あと、渡瀬が力でノーマルの出場権をもぎ取った。なんか、本当に良かったなぁ、って思う。楽しんで、思いっきり飛んで欲しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)