« クバツキ、強かった ビショフスホーフェン | Main | クバツキ連勝だが、陵侑はちゃっかり・・ ティティゼー・ノイシュタット »

January 13, 2020

ガイガー、連勝で総合トップに プレダッツォ

暖冬の影響でプレダッツォはノーマルヒルでの開催となった。次のテテゼー・ノイシュタットは開催不能とのこと。両方とも、日本チームにとっては痛い変更だと思う。テテゼー・ノイシュタットの大会も開催が危ぶまれたが、どうやら開催できる運びになったようだ。

ノーマルでかなりの追い風となると、さすがにパワー勝負となる。ドイツ・ポーランドのパワージャンパーが上位に来るのは仕方がない。その中で存在感を示し、ガイガーVSクバツキに割り込んだクラフトは調子を上げている印象だ。2回とも同じメンバー・序列での表彰台となって、このことも非常にシビアなアスレチック大会だったということを示していた。ガイガーはジャンプ週間での鬱憤を少しは晴らせたかな。

この条件の下で、今季の小林陵侑の問題点がクリティカルな形で出てしまった。いろいろと痛いところもあると聞くし、ノイシュタットの休みを使って上手く切り替えていけたらいいと思う。ここらで少しペースを落としていくのもいいかもしれない。

ビショフスホーフェンのCOCにも注目していた。竹内は地元オーストリア勢に完敗、葛西は2連続で2回目に進めずという残念な結果だった。追い風と向かい風の両方の条件で、WCとのゲート差は少なくとも3、感覚的には5ぐらいあった。今回上位を独占したオーストリアの若手たちも、ジャンプ週間ではなんとか2回目に進めるかどうか、という状況だった。今のWC上位のレベルはとんでもない高みにある。

 

|

« クバツキ、強かった ビショフスホーフェン | Main | クバツキ連勝だが、陵侑はちゃっかり・・ ティティゼー・ノイシュタット »

Comments

初めまして。いつも興味深く、楽しみに拝見しています。

今回のノーマルヒルへの変更は痛かったですね。でも、ラージの方にもそれなりに雪はあったみたいですし、周囲にも雪があったので、雪不足とは感じなかったです。
次も開催不能とのことですがFISのサイトにはキャンセルとは表示されてないみたいですが…。
まあ、直ぐに調子が戻るようなものでもないでしょうし、毎試合応援しつつ、後半戦のフライング総合、RAWAIR、フライング世界選手権に期待したいです。

これからも記事を楽しみにしています。

Posted by: 306xsi | January 13, 2020 08:37 AM

306xsiさん、コメントありがとうございます!

>今回のノーマルヒルへの変更は痛かったですね。でも、ラージの方にもそれなりに雪はあったみたいですし、周囲にも雪があったので、雪不足とは感じなかったです。

そうでしたね。雪不足というより、高温や雨でラージヒルの(どこかわかりませんが)雪が崩落したそうです。すぐには修復不能ということで急遽ノーマルになったとのことでした。

>次も開催不能とのことですがFISのサイトにはキャンセルとは表示されてないみたいですが…。

確かに、テテゼーはキャンセルの表示になってませんね・・・あれ、何か勘違いしていたようです。ドイツスキー協会のR.Tuschが開催できると明言したという記事がありますね。
記事修正させていただきました。ありがとうございます。

Posted by: かずやん | January 13, 2020 08:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クバツキ、強かった ビショフスホーフェン | Main | クバツキ連勝だが、陵侑はちゃっかり・・ ティティゼー・ノイシュタット »