« 小林陵侑、歴史に名を刻む | Main

January 13, 2019

陵侑にみんなお手上げ

プレダッツォの土曜の試合において、陵侑と他のジャンパーの絶対パフォーマンス差が明らかとなってしまった。
だいたい、1本あたり5mを超えるぐらいか・・。この小さな台で、追い風に鬼のように強いクバツキが2回成功して出したポイントに対しての差だから、実際の差はもう少し大きいようにも思える。

陵侑が2本とも成功するとこれぐらいのポイント差が出せてしまうということは、ジャンプ週間においては本来のジャンプができていなかったということになる。プレッシャーはあったんだと思う。それでいて、グランドスラム・・・。

恐ろしいほどの絶対パフォーマンスである。

誰もまだ、陵侑のジャンプの秘密を暴くことができていないようだ。ハンナバルトは、土曜の陵侑の1回目を見て、“これはいったい何なんだ!”と叫んでしまうありさまであった。すべてがうまくハマった時の陵侑のジャンプのパフォーマンスは、それほどの衝撃を皆に与えている。ライバルたちもお手上げで、「陵侑は別にして自分のできることをする」がインタビューの定番回答になってきた。

いったい陵侑のジャンプの何が特別なのだろう。比較として、15-16シーズンのピーター・プレウツのジャンプを見てみた。ピーターと陵侑のジャンプは似ていると思っていたのだが、実際は違った・・・。ピーターはずっと低く、前に進むことを目指したジャンプだった。一方、今季の陵侑はもっと高さを取っている。高いのに、無敵だったピーター並みに後半も伸びる。どういうことだ。

その彼の「高さ」と「最後の伸びをもたらすスピード」を両立させたジャンプの原動力は、高効率で力強いサッツにある。それは、みんなそう思っている。

サッツの理想は、上にゲインしながら、スピードを失わずに飛び出すこと。しかし、上に飛ぶということは90km/hで進みながら「立つ」のだから思いっきり空気抵抗を受けることになる。その抵抗を減らすべく、飛び込み前転のイメージで、体を飛び出し方向に突っ込んでいく。その前転力をスキーの受けた空気の力とバランスさせて、台ごとに最適の方向に体が進んでいくようにする・・・・ということ。言うは易し。難しいのは、上に飛ぼうとすればスピードをロスしやすく、スピードをロスしないようにすれば上に飛べない、という二律背反性をもっているからだろうと、想像している。

陵侑は飛び出しであれほど速く突っ込みながら、スキーの上がりとバッチリバランスして体勢移行を超速で終了している。スピードのロスが少ないということになる。普通はあれぐらいリスクを冒せば、スキーの先が下がってしまい、スピードも高さもロスするものなのだが。深いクラウチングからサッツでしっかり踏みながらそれを行うことは、イメージするだけでも難しいことに思える。しっかり踏んで、速く完了。よどみなく、自動的に。それができている。

そんなことは、みんなわかっている。いや、トップジャンパーはみんなそうやっている。ものすごい効率で。ではなぜ陵侑だけあんなに飛べる?彼はその優れた身体能力と感覚を生かして、それをもう一段高度なパーフェクトさでやっているに過ぎないのではないかなぁ。その高効率のサッツに、もともとからある空中の上手さが組み合わさって、今のパフォーマンスに到達した。何も秘密は無いが、そのすべての要素が揃うことは、そうはないということじゃないか。それが、いまのところの私の理解である。

日曜は風が安定せず、ゲートが上下する難しい状況だった。陵侑は2回ともかなりの失敗だった。世界記録の7連勝がかかっているという重圧はあったと思う。土曜に転倒した影響でないことだけを祈る。今日はクバツキの優勝を喜びたい。今まで勝てなかったのが不思議だった。これから何度も勝つだろう。

日本選手たちはお疲れの様子。ザコパネはパスかな??その方がいいように思う。

|

« 小林陵侑、歴史に名を刻む | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/67588698

Listed below are links to weblogs that reference 陵侑にみんなお手上げ:

« 小林陵侑、歴史に名を刻む | Main