« リスタートのワールドカップ ラハティ | Main | RAWAIR 誰もストッホを止められない  »

March 11, 2018

RAW AIR開幕 オスロ

今週はシベリアからの寒気が去り、春の予感が感じられる暖かい日々となっている。
暖かくなれば、風が出るのはしょうがないこと。今日のオスロの試合はひどかった。いつも思うが、新しいホルメンコーレンの台はプロフィールはいいのだけど、風が出ると巻いて下降気流が出てしまう。あれぐらい風のロシアンルーレット状態になってしまうと、結果そのものは風次第であり、それを論評する必要性はない。さすがのストッホも、物理には逆らえなかった。

ということで、今日は絶好調のストッホ以外の気になるジャンパーをピックアップして論じてみることにしよう。

ノルウェー勢は全体的に好調だ。ホルメンコーレンの台はどちらかというと力の要る、ノルウェー選手向きとはいえない台なので、ここで向かい風の助けなく団体戦で勝てたということ自体がチームの好調を示している。この後のリレハンメルからビケルスンはノルウェーのジャンパーに合っているので、RAWAIRはノルウェー勢によるストッホ包囲網という感じになりそうだ。特に今季のヨハンソンは半端ない。彼によるフライング世界記録更新にも期待が持てる。あと、若手のグラネルート、リンドビークもかなりのフリーガー適性を持っている。驚かされることになりそう。

ストッホの影に隠れているのだが、ポーランドではクバツキがいつ勝ってもおかしくない状態に見える。彼がフライングを攻略する可能性、特に高さが必要なプラニツァでの、マリシュ全盛期のようなとんでもない高さのフライトに密かに期待しているのだが。

団体戦で久しぶりに表彰台に乗ったオーストリア勢は、遅ればせながら調子を上げてきた。クラフトはまだバラつきが大きいが、ハイベックは2シーズン前の状態にかなり近づいていると思う。また、シュレリーに明かな復調の兆しが見える。今期は勝負に入るというところまでは行けないだろうが、来期へのモチベーションを掻き立てられるようなジャンプ・フライトがプラニツァまでに一本でも出ればいいと思う。

一方、ドイツ勢はお疲れモードという感じになってきた。ヴェリンガーは左に回転する悪癖が出始めたので、厳しい戦いが続きそうだ。どちらかというとフライタークの方が期待できそう。フリーガー特性のあるガイガーが今期の好調ぶりをビケルスンで見せられるかどうか。

土曜の団体戦、日本は5位だったが、上位との差はかなり縮まった印象があった。佐藤は能力的にはW杯でも十分に通用することを端々に感じさせるジャンプをしている。経験を積んで、台ごとにジャンプのアグレッシブさを調節する能力がついてくれば、上位に定着できそうだ。小林陵侑は絶好調を維持している。彼のフライングでのパフォーマンスにすごく期待している。今日は結果は残念だったが、葛西も劇的に良化していた。このまま、なにもいいところなくシーズンを終わるということは、無いと思う。

その他のジャンパーでは、フランスのリロイドは高いポテンシャルを秘めている。スロベニアのバートルやゼメニッチ、オーストリアのアイグナー、アメリカのヴィックナーあたりと共に、フライングで驚くようなパフォーマンスを見せるかもしれない。

(追伸)
ヒルデが今シーズン限りでの引退を表明した。今シーズンもコンチネンタルカップで活躍できているように、力はまだ残っている。しかし・・・ノルウェーチームにおいて、彼がナショナルチームに席を確保できる可能性は、ほぼなくなっていた。彼は技術上位のテクニシャンタイプのジャンパーであり、今のフィジカル上位のトレンドを鑑みれば、引退という選択もやむなしと思う。愛すべきジャンパーの今後に幸あらんことを祈る。キャラクター・人格・スキージャンプ技術・スポーツにとどまらない多才さを兼ね備えている彼のことだから、指導者としてはもとより、もっと外の世界でも活躍できるだろう。

|

« リスタートのワールドカップ ラハティ | Main | RAWAIR 誰もストッホを止められない  »

Comments

かずやんさんどうもです。

先ずヒルデですね…大好きなジャンパーでした。白馬に来てくれた時も、トムって声を掛けるとあの笑顔で応えてくれましたのを思い出します。

ハイベックは、飛び出しのスキーの上下動が減って、シンプルな動きに見えるにですが、そのあたりがキーでしょうか。

シュレリーは1ジャンプ毎良くなっている感じで、なんかソワソワしてきました(笑) とても期待しています!

佐藤選手もチャンス掴みましたね! 予選も良かったので、今日の本戦、シングル狙ってがんばって欲しいです。

気が早いですが、来シーズンはフロイントも復活ですよね! 何か面白くなってきましたよ〜

Posted by: こたろう | March 13, 2018 at 12:45 PM

どうもです。
ハイベックはどうしちゃったんでしょうね。リレハンメルでは元に戻ってしまいました。佐藤幸椰はなかなか噛み合いませんね・・・間違いなく能力はあるのになぁ。これも経験でしょう。

Posted by: かずやん | March 15, 2018 at 08:41 PM

リレハンメルでヒルデが2回目に進めず残念です。この1回目が本当に最後になっちゃうのでしょうか?現地では引退セレモニーとかあったんでしょうか・・・。

Posted by: かずやん | March 17, 2018 at 10:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/66487067

Listed below are links to weblogs that reference RAW AIR開幕 オスロ:

« リスタートのワールドカップ ラハティ | Main | RAWAIR 誰もストッホを止められない  »