« ストッホ、ヴェリンガーとの力勝負を制す ピョンチャンオリンピック ラージヒル | Main | リスタートのワールドカップ ラハティ »

February 19, 2018

ノルウェー、悲願達成 ピョンチャンオリンピック スキージャンプ団体

素晴らしい戦いだった。
これ以上ないほど公平な条件にも助けられ、スキージャンプの競技としての成熟と競技レベルの高さが明確に示された。上位3チーム(ノルウェー・ドイツ・ポーランド)の1回目12本で失敗といえるジャンプは1本もなかった。ハイレベルな力と力のぶつかり合いだった。1回目終わって、この3チームは5点差の範囲にひしめいていた。

この3つの国の人たちがうらやましかった。

勝負を決めたのは、ノルウェーのトップバッター、タンデの2回目だったと思う。あのジャンプは、現代スキージャンプの一つの究極だと思った。語弊があるのは承知で表現するが、サッツでは「何もしない」で、スピードを「持っていく」というジャンプである。彼個人としては、これが個人戦で2回出せていたらというところだと思う。ここで生まれた大きなリードが、ノルウェーの後のジャンパーを楽にさせた。もともとチーム力に他国との差があり、台の特性にアドバンテージがあり、条件は公平。こうなると紛れは起こらない。びっくりしたのは、ノルウェーはオリンピック団体金メダルが初めてという事実だ。それは嬉しいことだろうなぁ。

ドイツ・ポーランドの銀争いは、最後0.6点差でヴェリンガー対ストッホの頂上決戦・・・・そんなんアリ?っていうようなシチュエーションだった。さすがに両者ともガチガチだったなぁ。ストッホはおもいっきり踏み外してしまった(あれだけ外してあそこまで行くのもすごいけど)。彼も人間だった。

ポーランドでは、弱点と思われたフラの2回目が美しかった。最適化の極致とはこのことで、特殊な身体能力がなくてもここまでは飛べるという見本だと思う。このジャンプは、私の中ではロイツルがジャンプ週間を勝った時のジャンプと、宮平がプラニッツアで3位に入った時のフライトに比肩するものとして、記憶に残るだろう。

オーストリア、スロベニア、そして日本にはチャンスがなかった。失敗していないのに、まったくメダルが見えない戦いとなってしまった。上位8チームの1回目と2回目の順位がきれいに1位から8位で同じだったのは、今日の戦いが紛れの起こりようのない実力勝負だったことを示している。たぶん・・・だからこそ選手たちは悔しい。今回のオリンピックは長年王者に君臨してきたオーストリアにとっては屈辱的な大会になった。ハイベックの2回目は一昨年のいい時を彷彿とさせるものだったが、これが個人戦の2回目に出ていれば・・・・。とはいえ、次のスカンジナビアシリーズ、彼はかなり期待できるだろう。

そして、日本。陵侑の1回目を見て、この調子をフライングに持っていければ絶対にいけると思った。これは、実はスヴェン・ハンナヴァルトの言葉の受け売りだ。彼は陵侑のジャンプをものすごく高く評価している。日本でもっとも、上に述べたタンデのジャンプに近い。

葛西・・・結果としては残念だったことと思う。今日の2回目は大会を通じて一番いいジャンプだった。正しい方向には進んでいると思うので、一歩一歩上がっていって、3月のフライングで大爆発して欲しい。竹内・伊東も2本ともいいジャンプだった。シーズン序盤のつまづきから何とかここまで持ってきたが、すべてが整うとまではいかなかったのだろう。とりあえずは休んで、次につなげていって欲しい。

終わっちゃったなぁ・・・。

|

« ストッホ、ヴェリンガーとの力勝負を制す ピョンチャンオリンピック ラージヒル | Main | リスタートのワールドカップ ラハティ »

Comments

終わってしまいましたね〜 本当に淡々と実力通りに試合が進行して、現在の勢力図がよくわかる試合でした。

不完全燃焼過ぎて今日は複合のジャンプを観ましたが、風のバラツキ大きかった。特に、最後3人になるとパタッと風が弱くなり…しかし渡部選手、厳しい条件で本当に素晴らしいジャンプを決めました。僕的には純ジャンプ陣の鬱憤を晴らしてくれるハイライトでした。(クロスカントリーは残念でしたが)

またW杯に戻りますね〜 なんかほっとしますね(笑) 大好きなフライング楽しみます!

Posted by: こたろう | February 20, 2018 at 02:35 PM

そうですね、残りのワールドカップもまだまだ、熱いですね!

渡部暁斗のジャンプを拝見しましたが、素晴らしかったです。フラのジャンプにも通じるような完成度でした。物理条件が違いすぎるので純ジャンパーとは直接比較はできないのですが。
距離の方は、孤軍奮闘になってしまいましたね・・・なんとも、致し方のない流れでした。あそこまで引っ張れたのはすごいですね。

Posted by: かずやん | February 22, 2018 at 05:30 AM

カテゴリーが「オーディオ」になっています

Posted by: toshihiro nose | March 03, 2018 at 11:22 AM

ご指摘、ありがとうございます。修正させていただきました。

Posted by: かずやん | March 04, 2018 at 12:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/66413271

Listed below are links to weblogs that reference ノルウェー、悲願達成 ピョンチャンオリンピック スキージャンプ団体:

« ストッホ、ヴェリンガーとの力勝負を制す ピョンチャンオリンピック ラージヒル | Main | リスタートのワールドカップ ラハティ »