« ラージヒル展望 | Main | ノルウェー、悲願達成 ピョンチャンオリンピック スキージャンプ団体 »

February 17, 2018

ストッホ、ヴェリンガーとの力勝負を制す ピョンチャンオリンピック ラージヒル

今日の試合はほぼ無風、時折追い風の、予想外ともいえる好条件だった。
多少落下型で風の影響を大きく受ける台とはいえ、ここまで公平だとそう大きくは紛れない。

一方で、ちょっとドラマに欠けたかな・・・・日本人的には少し蚊帳の外感を否めなかった。日本人選手は、みんな風の条件が微妙に悪かったなぁ。ただ葛西の1回目のジャンプは、確かに風の条件は良くなかったけど、それで2回目に進めないというほどのものではなかった。単に・・・・カンテに力が伝わらないジャンプになってしまった。長年の葛西ファンとしては残念というより他に述べる言葉がない。

小林陵侑、小林潤志郎、竹内のジャンプは6本とも成功の部類だと思う。特に竹内の2回目は追い風条件のお手本のような、技術的に高度なジャンプだった。今日の条件では精いっぱいなのではないか。潤志郎と陵侑の地位が逆転した形になったのは、やはりこの台がフリーガー系のジャンパーに向いているということなのだと思う。

この試合は、一言でいえば、ずっと踏み外し続けたストッホが、最後にサッツがようやく当たったことで、何とかヴェリンガーを抑えきったという試合。彼らに勝てる可能性があったフォアファングとタンデは2回成功させることができなかった。一方、連続銅メダルに輝いたヨハンソンは、台がフィットしたこともあるけど、2本とも本当にいいジャンプだった。ジャンプ後半のスピードが素晴らしく、追い風でも最後伸ばせるのはすごい。この調子なら3月のフライング、彼が総なめしてもおかしくないと思う。

予定調和もたまにはいいのかな・・・・なんだか、すぅーと終わっちゃった感じ・・・。

|

« ラージヒル展望 | Main | ノルウェー、悲願達成 ピョンチャンオリンピック スキージャンプ団体 »

Comments

かずやんさんの予想通りと言いますか(笑) フリーガー系に向くジャンプ台ですね〜

追い風だと極端に落ち込む現在の葛西は、不調というよりは、インパクトを伝える力が落ちた、筋力が落ちたという、遂に来てしまったのかという感じを受けるのですが。

ハイベック、期待したのですが、2本揃わなかったですね〜

カミルは神ったとか、ダジャレを言った人もいますが(笑)、素直におめでとうです。

日本はフィギュアのワンツーフィニッシュで浮かれている状態ですが、ジャンプは団体戦、お酒でも飲んでじっくり楽しみます。

Posted by: こたろう | February 18, 2018 at 11:57 AM

どうもです。
葛西のことですが、確かにアスリートとしての能力は徐々には下がっているかもしれません。しかし、今の高さ・スピードの無さはそれが原因ではないと思います。私には5本に1本ぐらいしか、しっかり乗れて、踏めていないように見えます。それが、コーディネーション能力の低下によるものなら仕方ないのですが、どうも単純に何かをよりアグレッシブに変えようとして、戻そうとして、戻っていないという感じに見えるんですよね・・・・。悪いドメン・プレウツが乗り移ったみたいな・・・感じ?

速さに特化したジャンプでもしっかり乗れて、踏めて、腰が残ればヨハンソンのように最低限の高さが残って、最後伸びるジャンプになるのですが。葛西は本来、そういうジャンプができるはずなんです。今回、台の特性自体は彼にピッタリだったので、ソチの時の調子なら金メダルも夢ではないと思っていました。だから・・・残念至極です。彼自身がもっともそう思っていることでしょう。

団体は潤志郎が外れましたね。とにかく、ジャンパー本人たちが納得できる終わり方になって欲しいです。

Posted by: かずやん | February 18, 2018 at 08:26 PM

かずやんさんご返信ありがとうございます。葛西が何か変えにいった結果の噛み合わない状況。そうかもしれないですね。団体戦のメンバーに選ばれたようなので、今夜のジャンプ、期待します。

Posted by: こたろう | February 19, 2018 at 07:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/66405239

Listed below are links to weblogs that reference ストッホ、ヴェリンガーとの力勝負を制す ピョンチャンオリンピック ラージヒル:

« ラージヒル展望 | Main | ノルウェー、悲願達成 ピョンチャンオリンピック スキージャンプ団体 »