« ラストミニッツワールドカップ ヴィリンゲン | Main | ヴェリンガー ついに頂点に立つ ピョンチャンオリンピック ノーマルヒル »

February 07, 2018

ピョンチャンの台

ピョンチャンの台の新しいCertificateが出回っているが・・

HS(m) h/n β/βL(°) α(°) Vo(m/s)
ノーマルヒル 109 0.546 34.0/32.0 11.0 25.50
ラージヒル 142 0.576 35.0/32.0 11.0 25.50

どうも、ノーマルヒルのパラメーターに間違いがあるように思える。なんだか、ラージヒルのをコピーして書き換えて作ろうとしたときに、書き換え漏れが発生したような感じ・・・。h/nはラージと同じ0.576と記載されているがそんなわけはない。0.546という数字がFISのHomologated Jumping Hillsというリストにあるので、そちらが正しいと思う。しかし、Voがラージとノーマルで同じということはあり得ないので、これは間違いだろう。他の同様のジャンプ台の値を参考にして考えると、おそらく24.0付近になるはずだ。

これを見る限り、ノーマルヒルはソチや蔵王よりも穏やかで標準的な、かなり規模の大きい台だということになる。βLが32.0ということで、ヒルサイズ付近でも結構普通に立てそうだ。風の状況次第では110m飛んでテレマークを入れないとメダルに届かないという戦いになるかもしれない。したがって・・・ランディングで点数の出る選手が有利。ということで本命フライタークと思っていたのだが・・・どうもトレーニングを見る限り台にフィットしていない。一方、今季は全然ダメだったハイベックが、かなりぶっ飛ばしている。予想外の選手が勝負に入ってきそうな気配だ。

ラージはまた来週に。

うーーーん、ノーマルで竹内を外すか・・・。条件が悪い時のために入れておきたいと思うのは私だけだろうか。で、誰を外すんだ?って聞かれたら、困るのだけど。

|

« ラストミニッツワールドカップ ヴィリンゲン | Main | ヴェリンガー ついに頂点に立つ ピョンチャンオリンピック ノーマルヒル »

Comments

かずやんさんどうもです。数値は間違っているようですが、規模は大きいNHで間違いないと思います。択がアジャストできなかったのも、この辺りが要因かもしれません。彼は直前まで白馬でNH合わせこんでいたでしょうから無念でしょう。

トレーニングを見る限りでは風の状況で、平気で10メーター以上変わる感じですね。シュリーレンツァウワー107.5mだって(笑)

あと2時間くらいで予選が始まりますが、確かに予想外の選手がきそうな予感も(笑) 観る方は面白いのですが、相変わらずオリンピックチャンピオンって、本当の世界一?という雰囲気になりそうで、、、

大きな台ということで、女子は日本勢4人娘に期待したいです。

Posted by: こたろう | February 08, 2018 at 10:58 AM

どうもです。
今日は追い風の、公平で渋い展開でした。こういう試合になれば、力通りの結果になりそうですね。

ただ、今日のジャンプを見て、この台は新造のNHとしては落下型の台だと確信しました。少しでも向かい風が吹くと、まったく違う状況になりそうです。フリーガー系のジャンパーが急に距離を伸ばし始めるような気がします。なので本番は風とノルウェー勢がカギを握りそうですね。あと、この台なら葛西の一発があってもおかしくないので期待しましょう。

予選のジャンプ後に、葛西のスーツのチャックが開いていたのが気になりました、大丈夫ならいいのですが・・・。大丈夫みたいですね。良かった。

Posted by: かずやん | February 08, 2018 at 02:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/66370058

Listed below are links to weblogs that reference ピョンチャンの台:

« ラストミニッツワールドカップ ヴィリンゲン | Main | ヴェリンガー ついに頂点に立つ ピョンチャンオリンピック ノーマルヒル »