« ストッホ グランドスラム達成 ビショフスホーフェン | Main | 嵐の余韻 欲求不満のフライングショウ スキーフライング世界選手権 オーベルストドルフ »

January 14, 2018

ステヤネン、うれしい初勝利 クルム/バートミッテンドルフ

今日の中止は残念至極だ。葛西にエンジンがようやくかかってきたので楽しみにしていたのだけど。

土曜の試合は追い風が強くて、渋い戦いだったなぁ。特に1回目の最後10人ぐらいは、ゲートが低いこともあってノーチャンスだった。ここの台は改修で全体のプロフィールが変わったが、ランディングバーンがフラット化されたわけではないので、フリーガー御用達感がかなり残っている。飛び出しの方向性が掴みづらく、高く出てしまうと後半伸びないジャンプになってしまうので、コツがいるようである。小林潤志郎はかなり苦労していた。逆に葛西はすごく合っていた。同じことがノルウェー勢、スロヴェニア勢にも言える。

ここでのステヤネンの勝利は順当だと思う。もし完全に公平な条件であっても、あり得た勝利だ。逆に今までフライングも含め、彼がワールドカップ未勝利だったことに驚いた。彼はノルウェージャンプの正統を受け継ぐような存在で、大柄な体で長いスキーを使い、熟達したスキーの滑りからのスピードを利して前に進むジャンプをする。まさにフリーガーの典型であり、今まで何度も勝っていてもおかしくない。来週のフライング世界選手権も、本命の一人ではあると思う。

|

« ストッホ グランドスラム達成 ビショフスホーフェン | Main | 嵐の余韻 欲求不満のフライングショウ スキーフライング世界選手権 オーベルストドルフ »

Comments

本当に中止残念でした。いつぞやの、アマンと葛西の表彰台再現を期待していました…

フライング世界選手権、実はオリンピックより楽しみな自分がいます(笑)

女子は日本シリーズ中ですが、2強やはり強いですね〜 ルンビュは相変わらず無駄な動き多いように感じますがフライトのスピードが段違いに感じます。体格も筋力も男子レベルな感じ?

岩渕の予選5番、4番連発はフロックではない感じ。何か掴んだようですね〜 蔵王が楽しみです。

Posted by: こたろう | January 15, 2018 at 03:25 AM

アマン、葛西の表彰台、まさに私もそれを夢想していました。アマンやダミヤン(スーツで失格は残念)のフライトは、サッツ技術の粋を込めた美しいものでした。

ルンビのピークパフォーマンスの高さは数年前から際立っていました。それが安定して出せるようになってきた今、彼女に勝つのはかなり難しい。ただ、オリンピックへの流れという点では、日本選手にはピークをそこに合わせるというしたたかさを感じます。あと少しスキーが滑るようになれば(男子も全般的にそうなので、マテリアル・サービスの差のような感じも・・・)いい勝負になるでしょう。そういえば、ルンビのジャンプはステヤネンに近いですね。もっと近いのはヨハンソンかな??

Posted by: かずやん | January 15, 2018 at 05:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/66279225

Listed below are links to weblogs that reference ステヤネン、うれしい初勝利 クルム/バートミッテンドルフ:

« ストッホ グランドスラム達成 ビショフスホーフェン | Main | 嵐の余韻 欲求不満のフライングショウ スキーフライング世界選手権 オーベルストドルフ »