« スキージャンプ、台とジャンパーの相性についての考察 妄想編 2つの理想のLH | Main

May 01, 2017

音楽の感じ方は相対的なもの

ボンのベートーベンハウスは観光地としては有名だが、そこに小ホールがあって定期的に良質な室内楽コンサートが行われていることは知られていないようである。このホールは席数は200ぐらいの小さなものだが、天井が10m近くあるすり鉢状で、ステージはその一番底の、観客席と同じレベルにある。一番前の席に座ると演奏者までの距離は2mぐらいしかないのではないか。非常にインティメートな(親密感のある)空間で、音も適度なライブ感があり、妙な共振ピークもない。いいホールである。

先週の金曜日のコンサートに行ったのだが、その内容が非常に興味深かった。楽しめた、とは一概にいえないのだけど(苦笑)。というのも、このコンサートの前半で、ドイツ人作曲家ニコラウス・ブラス(Nikolaus Brass)の弦楽四重奏と2台のクラリネットによる作品が披露されたのだが・・・これが形容のしようがない凄い音楽だった。本体が共振しない周波数で強奏する2台のクラリネットがまるで猫の喧嘩のような音を出して耳がビーンとなったところに、弦楽器がまったく調和しない音のうねりを重ねる。正直、脳がこの音を処理するのを拒否するような感覚で、気持ち悪さで体温がぐっと上がる。と、思ったら今度はクラリネットはドロドロ・モゴモゴとした地底の底で蠢くカエルような音を出し、そこに弦楽器から超高音のこすり音を・・といった具合である。素朴な疑問だが、何が楽譜に書いてあるとあんな音楽になるのだろう?

この曲の前と後がモーツァルトとメンデルスゾーンの耳当たりのいい音楽で挟まれていたのは、おそらく観客への配慮だと思う。

だが・・・驚いたのはここからである。後半のプログラムの1曲目はリゲティの弦楽四重奏曲1番だった。これもまた現代音楽の部類の非常にキツイもので、普段好んで聞くはずのないものだ。しかし・・・これがブラスの音楽に比べたら全然普通に音楽として受け入れられたのである。非常に楽しめた。自分でもびっくり。

そして、次がベートーベンの、2台のホルンと弦楽四重奏による六重奏曲op.81bをクラリネットで演奏したものだったのだが、この曲が安心感とともに非常につまらなく聴こえてしまった。実際、この曲はベートーベンの後期作品としてはかなり古典的な手法によるものだとは思うが、ベートーベンがこれほどつまらないと感じたのは初めてだった。

最後にアンコールで一曲・・・なんと、それがブラスの曲の短い最終楽章だったのである。観客はみなゲッ、と思ったに違いない。しかし・・・なんと初めての時とは違い、その音楽を、ある程度脳が許容するのである。またまた、自分でもびっくりした。

ブラスは観客席におり、自作発表の前にその背景を語っていた。すべてを理解できたわけではないが、その趣旨はこうだった。「モダンな音楽とは時とともに変わるもので、音楽はあなた方の頭の中で鳴るもの。一曲目のモーツアルトのディヴェルティメント風の曲だって、当時のウィーンでは音が多すぎて神経に障ると言われたのである。今を生きている芸術家は、前に進まなければならない。これでいいのかどうか私にもわからないが、この曲でわたしは「楽器のもつ自然さ」をできるかぎり表現してみた。もしかしたら、あなたがたがそれを気に入るかもしれない。」

このコンサートのプログラムを終えて、そのブラスの言葉の真意をかなり理解できたと思う。結局音楽は聴いて自分の頭の中でどう感じるかであり、その感じ方というのは相対的なものなのだ。初めて聞いた時に拒否感を持つような音楽でも、それを体験し、慣れると許容できるようになる。時代時代の作曲家は聴衆の頭の中の感覚を広げる作業を繰り返してきたのだ。そうやって音楽は進歩し、受け入れられる音楽も変わっていく・・・。

|

« スキージャンプ、台とジャンパーの相性についての考察 妄想編 2つの理想のLH | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/65217485

Listed below are links to weblogs that reference 音楽の感じ方は相対的なもの:

« スキージャンプ、台とジャンパーの相性についての考察 妄想編 2つの理想のLH | Main