« 大倉山 | Main | 必然性がある、とはいえ »

February 20, 2017

ラハティの世界選手権プレビュー

ドイツでのピョンジャンワールドカップの放送は平日の午前・・・見られるわけがなかった。抜粋の録画などを見た限りでは、台自体は良い感じに見える。ただ、風がひどいなぁ。オリンピックのために新たに作られる台は場所の気象条件を考慮できないので、こうなってしまうのは仕方がない。オリンピックの試合が奇跡的に好条件になることを切に祈るしかない。

スキージャンプにおいてはオリンピックの一発勝負に大きな価値を見出すのはやめよう、といつも思っている。これは、このピョンジャンの例でもわかるように、オリンピックの試合が公平な条件になることがまれで、しかも新しい台で行われるからである。あまりに、「調整力」や「運」のパラメーターがものを言う感じになり、結果が総合力を反映しない。シュレリー、アホネン、マリシュそして葛西がオリンピックで個人の金メダルを取れていないのには、必然性があるのだ。スキージャンプをずっと見ている人には、金メダルを取っているアマン、ストッホ、モルゲンシュターン、船木と、取れていない4人を比較したときに何か感じられるはずだ。

高梨の53勝はとてつもない偉業である。勝率6割は本当にすごい。しかし・・・彼女の繊細な技術上位のジャンプは「新造台」「悪条件」では100%にはなりえないので、五輪の一発勝負には不利である。今回のラハティの世界選手権も、改装された台で行われる。しかも台はどちらかというとフラットで、風は強く、試合はフィジカル上位のジャンパーに有利となる可能性が極めて高い。こういう条件の下では高梨は100%でなくても勝てる状況でない限り金メダルは難しいが、マテリアル上の不利のためだと思われるが、彼女のアドバンテージはここ数年では最も小さい状況にある。しかも今回はルンビー、伊藤という、彼女よりもかなり大柄でフィジカル寄りの強敵がいる。私が予想家なら金メダルの可能性が最も高いのはルンビーと言わざるを得ないのだが・・・報道媒体上ではそのような現実を踏まえた論調をみることが、残念ながら、ない。いちスキージャンプファンとしては、高梨選手には、結果を考えずに、おもいっきり、100%のパフォーマンスを出してほしいと切に願うのみです。

男子では、追い風・横風ではヴェリンガー対タンデ、向かい風ならクラフト対ストッホ。ラハティは後ろ横風になることが多いのでヴェリンガー本命となる。ノーマルもヴェリンガー本命、対抗コット、大穴ハイベックとしたいが、驚きの結果になる可能性があると思っている。ちょっと気になるのがヤン・ジオブロ・・・。

(24.2追記 なんと、クバツキも好調でジオブロ出られないとは。トレーニングでよっぽどのジャンプを出さない限り、おそらくLHも・・・。ポーランドチーム、なんというチーム内競争だ。)

団体はドイツ対ポーランドの頂上決戦。そして混合団体でおそらくラストジャンパーになるであろう葛西がガチガチにならないことを祈る。体調不良ぐらいのほうが(力が入りすぎなくて)いいかもしれない。


|

« 大倉山 | Main | 必然性がある、とはいえ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/64918086

Listed below are links to weblogs that reference ラハティの世界選手権プレビュー:

« 大倉山 | Main | 必然性がある、とはいえ »