« ガルミッシュ | Main | ストッホ、歴史に名を刻む ビショフスホーフェン »

January 04, 2017

インスブルック

今日はここらへんでも荒れ模様の天気。昼頃には前線は通過したが、残り風が凄かった。

というわけで、今日はどうしようもないほどのアンフェアな戦いとなってしまった。ドイツではこういう試合をLotteriespielというそうである。さしずめ、福引き試合、というところ。試合は時間がかかりすぎて暗くなってしまい、1回目で終了。ジャンプ週間総合への影響を最小限にとどめるという意味合いもあっただろう。

福引の大当たりはヨハンソン。葛西はその前後賞をいただいた感じだった。ジャンプも良かった。3位のクリモフはラッキーだっただけじゃなく、スピードのあるいいジャンプだった。最近のジャンプのクオリティから、いつかは表彰台に乗るだろうと思っていた。彼はトップジャンパーになれる素質がある。

タンデはまっとうな条件できちんと飛び、ジャンプ週間総合トップに。ストッホは条件自体は悪くなかったが、明らかな失敗ジャンプ。試技での転倒の影響が隠せなかったと思う。怪我していなければいいんだけど。一方、クラフトはジャンプは悪くなかったが、上で追い風を受けたのかスキーが上がってこず、高さを失って伸びず。苦い試合となった。相手が相手だけに、16.6点はかなり大きな差だ。

ハイベック、ウィルス性の風邪で無念のドクターストップ。風邪はオーストリアチーム内で蔓延しているそうで、実はルームメイトのクラフトもかなりやばい状態らしい・・・。

ドイツのフロイントも風邪で離脱。調子も下降線なため、ジャンプ週間はパスして後半戦に備えることになった。

葛西は今日の試合がなんとジャンプ週間100戦目ということで表彰されていた。25年、4回すべて出てようやく達する数だ。その試合で10位に入るのも、すごい。

|

« ガルミッシュ | Main | ストッホ、歴史に名を刻む ビショフスホーフェン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/64721584

Listed below are links to weblogs that reference インスブルック:

« ガルミッシュ | Main | ストッホ、歴史に名を刻む ビショフスホーフェン »