« ドメン、初勝利 開幕戦・クーサモ/ルカ | Main | 新しい、素晴らしいエンゲルベルク »

December 11, 2016

序盤戦を振り返って

今週末はドイツでもかなり荒れ模様の天気で、案の定リレハンメルもかなりの風だった。あそこまで試合の途中で風の条件が変わってしまうとウィンドコンペンセーションも無力だ。昨シーズンから指摘しているように、最近はそよ風程度の風で10m飛距離が変わってしまうぐらい、風の影響が大きくなっている。全体としてウィンドファクターが小さすぎるようにも感じるが、それよりも風速の「平均値」でポイントが決まること、そしてゲートを上げたときのゲートファクターが不公平感を生み出しているようにも思う。まぁ、ウィンドファクターがあるから、この程度の不公平感で済んでいるとも言えるのだが。

今季はのっけから競技レベルが異常なぐらい高い。高いところでひしめいている感じで、小さな差が大きな順位差として現れている。ピーター・プレウツが飛び出し速度が出ないだけでシングルに入れず、葛西がちょっとタイミングが合わずに抜けただけでファイナルに進めない。去年の10位が今年の30位ぐらいの感じ・・・・。日本チームはなんらかのマテリアル的ビハインドを抱えているように感じる。

そんな中で頭一つ以上、パフォーマンス的に抜けた存在がドメン・プレウツとなる。間違いなく彼は選ばれしものであり、その上でスキージャンパーに訪れる、1-2年しかない最初のピークに入った。ナチュラルに軽い状態を保て、しかも柔らかい、人生で体が一番鳥に近い瞬間である。まさにアホネンが、船木が、シュレリーが華々しく出てきたあの瞬間と同質のものだ。今年がオリンピックの年でないことが彼にとっての不運とも言える。

ポーランド勢の躍進も目を見張るものがある。ホルンガッヒャーによりオーストリアのサッツ技術が注入されたのだろう。コットやジラのサッツから迷いが消えた。皆、飛び出した瞬間の場所が高くなった。その差はたぶん、数十センチぐらいのものだろう。ストッホはそのわずかな高さの差を10mの飛距離に変換できる空中技術を持っている。昨シーズンの彼は怪我の影響もあったのかもしれないが、いくらなんでも低すぎる飛行曲線だった。今年は初めが高いから、最後スルッと伸ばせてしまう。ドメン次第だが、現状ではストッホが総合王者に一番近いところにいるように思える。

数人のジャンパーは本当にほれぼれするようなジャンプをしている。ドイツのガイガーとか、ポーランドのフラとか。100%最適化された感じがする。彼らのような、それでもトップが見えないジャンパーたちに幸運を、と願う気持ちがある。彼らの後でドメンのジャンプを見ると、神様は不公平だと感じずにはいられないのだ。

|

« ドメン、初勝利 開幕戦・クーサモ/ルカ | Main | 新しい、素晴らしいエンゲルベルク »

Comments

仰る通り今季はレベルが高いですね~。どうもです。今シーズンもよろしくお願いします。

ポーランド勢、アイゼンビヒラー、今夏から調子を上げてきたコフラー等々、ついていくのに精いっぱいで、なんでという?マークだらけのまま、数戦終わった感じです。

jsportsで中継する本数が減って、映像が見られないので、FISのLive Tickerで、想像をめぐらせながら結果を見ていますが、もやもやしておりました。

お忙しい中ですから、全戦レヴューをしていただくのは難しいでしょうが、今季は特にかずやんさんの解説が欲しいシーズンとなりそうです。

何卒よろしくです。

Posted by: こたろう | December 14, 2016 at 09:53 AM

こたろうさん、今期もよろしくです。
jsportsの中継が減ったことは知りませんでした。うーむ、視聴率もさることながら、順延や中止が多いから難しいんでしょうか。
ご期待に添えるかどうかわかりませんが、見ることができた試合については徒然となにかしら書くと思います。

Posted by: かずやん | December 17, 2016 at 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/64614320

Listed below are links to weblogs that reference 序盤戦を振り返って:

« ドメン、初勝利 開幕戦・クーサモ/ルカ | Main | 新しい、素晴らしいエンゲルベルク »