« ハイベック3連勝 クオピオ | Main | コウデルカ 久々の美酒 ヴィスワ »

February 28, 2016

プレウツ、シュレリーに並ぶ アルマティ

なんというか、もう、ため息しか出ない。プレウツは強すぎる。

アルマティのラージヒルはすごくいい台だと思う。ここでワールドカップをやらないのはもったいない、とFISが思ったのがよくわかった。追い風が強すぎる時はズドンと落ちてランディングが厳しいが、風が弱い時は素直で、いろんな飛び方を許容する懐の深さを見せていた。今日は1回目も2回目も最後の10人が凄く良い条件だったため、素晴らしいジャンプをたくさん見ることができた。こういう試合になるとジャンパーの能力が如実に現れ、そして、プレウツの力が頭一つ抜けていることがはっきりとしてしまった。

今日のトップ10に入っているジャンパーの技術レベルはものすごく高い。おそらく、今日の葛西やハイベックは2回とも自己最高に近いジャンプだったんじゃないかな。それで、表彰台に届かないなんて。フロイントは勝ちに行くならコーチのシュスターが赤ボタンを押してゲートを下げるかなと思ったのだけど、押さなかったね。

竹内もこの中に入っているのがすごい。あれでも完璧でないところが、もっとすごい。ほんま、表彰台にいつ乗ってもおかしくない状態だと思う。伊東も条件が当たらないだけで、ジャンプ自体は悪くなかった。作山や謙司郎も調子が上がってきて、日本チームとしては良い週末だった。スキーが届かないなどいろいろトラブったそうだけど。

プレウツの総合優勝、もう決まっちゃったんだ。フロイントのポイントも去年より多いのにな。シーズン勝利数としてはシュレリーの記録13に並んだが、まだ通過点に過ぎないだろう。

|

« ハイベック3連勝 クオピオ | Main | コウデルカ 久々の美酒 ヴィスワ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/63277801

Listed below are links to weblogs that reference プレウツ、シュレリーに並ぶ アルマティ:

« ハイベック3連勝 クオピオ | Main | コウデルカ 久々の美酒 ヴィスワ »