« スーパーフライトの競演 ビケルスン | Main | ハイベック3連勝 クオピオ »

February 21, 2016

ハイベック、パワー全開 ラハティ

今週、ヨーロッパは寒暖入り交じった不安定な気候だった。ものすごく寒い風のあとに、暖かく湿った風が来て・・・急に日が差したと思ったら、数分後には嵐のような暴風雨が降る。温暖化を象徴するような気候だ。

そのような状況で、いつも風に悩まされるラハティのワールドカップが無事でいられるはずもない。時期が悪いともいえる。来年の世界選手権のプレ大会ということでいつもより2週ぐらい早いのだけど、結局荒天に当たってしまった。

台は小改修され、シュプールがセラミックになっていた。防風ネットもさらに増強されていたようだ。こんな天候状況で個人戦が無事に2戦できたのも、こういう対策の積み重ねがあってのこと。今日の試合をノーマルヒルに変更したのは大正解だろう。良く最後までやれたと思う。

ここは古風なプロフィールを持つ、今や世界で一番小さいラージヒルと言ってもいい台だと思う。スーツのレギュレーションが厳しくなって以来、アスリート系ジャンパー御用達という感じがある。今日はさらに小さいノーマルだったからなおさらだ。飛行曲線の高いハイベック、竹内、ヴァンクらが上位に来たのは当然ともいえる。

もちろん、身体能力の高いプレウツも飛べていたけど、彼は低く飛ぶタイプなので得意とは言えないようだった。金曜、彼は1回目にコーチ権限でゲートを一段下げて飛び、トップに立った。この台は飛びすぎると危険なので万全を期しての判断だったと思う。この時はやっぱりここでも勝つかと思った。2回目もスロベニアのヤナス・ヘッドコーチは当然のようにゲートを下げる赤ボタンを押した。しかし・・・プレウツのジャンプはそれほど完成度が高くなく、条件も良くなくて失速し、123mに終わった。HSの95%123.5mに達しなかったためゲートファクターの加点(4.8点)が得られなかった上、飛距離も出ず、何故かウィンドファクターも大きくマイナスで5位に沈んだ。最終的にハイベックとの差は6.7点しかなかったから、ゲートを下げずに飛んでいれば微妙な勝負になっていたと思う。ゲートを変えているうちに条件が変わってしまったというのもあったし。今日の彼は1回目にエアポケットに吸い込まれて(これは上位の5人ぐらいみんなそうだった)ノーチャンスだった。めぐり合わせの悪いときはこういうものだ。

ここは上の風が強すぎて、その風速でウィンドファクターが決まってしまう。だけど、そこでの向かい風は必要悪で、下の風が少しでもいいから向かっていることが大事。だから、上が強い向かい風で下が横風みたいな状況だとすごく不条理感がある。エアポケットに吸い込まれたのに、ウィンドファクターは大きくマイナスじゃ立つ瀬がない。

ハイベックは昨シーズンのビショフスホーフェン以来の勝利か・・・長かった。彼のポテンシャルを考えたら信じられないほど長く勝てなかった。当たったときの彼のサッツのパワーはとてつもない。今日は2本ともバッチリだった。ガイガーはサマーの時から、サッツ技術が向上して力がカンテに伝わるようになったと感じていたけど、表彰台2位はさすがに予想外。今後も荒れ模様のこういう試合で台頭するんじゃないかな。コウデルカ、ヴァンク、ヴェリンガーあたりももう少し風が当たれば表彰台に乗れたと思う。このあたりのジャンパーは今季はトレンド的に不遇だから、こういう時に稼いでおきたいところだった。特にヴァンクはジャンプのクオリティではハイベックと勝ちを争うレベルだったと思うけど、風神がアシストしてくれなかった。仕方ない。

竹内の表彰台は素直にうれしい。彼の今のパフォーマンスなら、表彰台でも驚きはない。クオピオも期待している。謙司郎も、チャンスをものにしてポイントゲットできて良かった。

例年ならこのあたりで総合王者争いが熾烈になっているのだけど、今年はもうプレウツで仕方がないという雰囲気が漂う。国別対抗もノルウェーにつけ入る隙はない。スロベニア対ドイツの2位争いが唯一の見どころか。今日はこれからみんなクオピオに移動、明日すぐに、昨日キャンセルとなったチーム戦の代替試合を開催とのこと。ジャンパーも大変だ。


|

« スーパーフライトの競演 ビケルスン | Main | ハイベック3連勝 クオピオ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/63246471

Listed below are links to weblogs that reference ハイベック、パワー全開 ラハティ:

« スーパーフライトの競演 ビケルスン | Main | ハイベック3連勝 クオピオ »