« シュレリー、無期限の休養へ/ニック・フェアオールの語ったこと | Main | 風のスパイス効きすぎのフライング選手権 バートミッテンドルフ »

January 10, 2016

狭間のヴィリンゲン

ジャンプ週間が終わって、日本チームは帰国。
来週はフライング選手権。
こちら的にも、小休止といったところ。

ヴィリンゲンは風が不安定だった。元来風が強い台だが、ここ数年はウィンドファクターの効きが良いのでなんとかなっていた。けど、さすがに今回はちょっと無理があった。ガルミッシュで気づいた、ウィンドファクターの効きが甘くなってしまっている現象を追認することとなった。

今日の試合は、これだけ荒れても、今のプレウツを負かすのは無理ということに尽きる。
ガングネスは勝つに値するジャンプを続けているのに、なかなか勝てない。めぐり合わせが合えばいつでも勝てそうなんだけど。去年のハイベック状態というか・・・・いや、彼よりも安定している。単にいつも誰かが上にいるというだけ。

それにしても、ノルウェーは誰がフライング選手権に出るんだろう?ファンネメルは是非入れたいが、そうなると復調してきたタンデか、フライング特性があるステヤネンが外れることになる。ハウアーもフライングがメチャメチャ飛べそうな感じだし、忘れちゃいけないのはヴェルタだ。

|

« シュレリー、無期限の休養へ/ニック・フェアオールの語ったこと | Main | 風のスパイス効きすぎのフライング選手権 バートミッテンドルフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/63043665

Listed below are links to weblogs that reference 狭間のヴィリンゲン:

« シュレリー、無期限の休養へ/ニック・フェアオールの語ったこと | Main | 風のスパイス効きすぎのフライング選手権 バートミッテンドルフ »