« もし、ゲートファクターによる補正が無かったとしたら | Main | プレウツ ジャンプ週間初勝利 ガルミッシュ »

December 31, 2015

2016

年が明ける。
この一年、長かった。そして、瞬く間に過ぎた。この相反する感慨を持つ人は多いような気がする。
昨年の新年エントリーでこのように書いた。

昨年中は「世界の疲れ」を感じながら過ぎていった。自分自身もそうだけど、みんな疲れて、周りが見えない状態になっている。本当に大切なものはなんなのか考える前に、一度立ち止まり、一服して、そして周りを見渡すこと、それがまず必要なんじゃないかな。そういう年にしたいな。

しかし、立ち止まることが許されないような日々が過ぎていった。そして、疲れが、「焦り」や「偏狭」や「あきらめ」そして「怒り」に転化しつつあるように思う。これは、他人事ではなく、自分の中でも起こっている。今年は寛容な心で、希望をもって、喜びを感じながらのんびりと過ごそう。そう常に思っていないと、ネガティブスパイラルに吸い込まれる。

年が明ける花火の音に、爆弾の爆発音や銃声が混じることがないことを、切に願う。そういう音は花火だけでたくさんだ。世界中、どこでも、いつでも、誰も、心のどこかでびくびくしながら生きることがないようになって欲しい。

|

« もし、ゲートファクターによる補正が無かったとしたら | Main | プレウツ ジャンプ週間初勝利 ガルミッシュ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/62979189

Listed below are links to weblogs that reference 2016:

« もし、ゲートファクターによる補正が無かったとしたら | Main | プレウツ ジャンプ週間初勝利 ガルミッシュ »