« シーズン回顧2014-2015 史上最高の競技水準に達したスキージャンプ (3/3) | Main | デジタルファイルオーディオの妄想 »

April 16, 2015

プラニツァよりも恐いジャンプ

ドイツにも春本番が来て、うららかな日々が続いている。
ジャンプ関係もみんなお休み。

で・・・チョコチョコとYoutubeでジャンプを見直していたら・・・こんな番組が!
https://www.youtube.com/watch?v=npVikIMt73s
あぶねぇ!
怪我したらどーすんだ。転んだシュレリーも危なかったけど、実はその後のフロイント・・・右膝にものすごい負荷だと思う。あれはランディングで靭帯を損傷する典型的なパターンだよ。番組が終わったら、多分クッティンもシュスターも黙っていなかっただろう。とにかく何事もなくて良かった・・・。

|

« シーズン回顧2014-2015 史上最高の競技水準に達したスキージャンプ (3/3) | Main | デジタルファイルオーディオの妄想 »

Comments

youtube観ましたよ。おふざけではありますが、これは危ない!
お粗末なジャンプ台が泣かせます。あれでテレマークを入れようとしたシュレリー、そんなに頑張らなくても。。。

この企画はちょっと危険でしたが、お茶の間にジャンプが溶け込んでいる感覚は日本とはそうとう違うものだと感じますね。

Posted by: こたろう | April 20, 2015 at 12:52 PM

同意していただけて嬉しいです。でもその危なさのおかげ(?)でジャンパーたちの驚異的な運動神経とバランス感覚が感じられましたね。

Posted by: かずやん | April 22, 2015 at 09:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/61450648

Listed below are links to weblogs that reference プラニツァよりも恐いジャンプ:

« シーズン回顧2014-2015 史上最高の競技水準に達したスキージャンプ (3/3) | Main | デジタルファイルオーディオの妄想 »