« 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン | Main | ヴェルタ、ここで勝つ! 世界選手権個人NH »

February 20, 2015

フォクト、強いねぇ 世界選手権開幕

伊藤の銀メダル、素晴らしいです。葛西監督喜びすぎヽ(´▽`)/、でも2回目のジャンプはまさに一緒に飛んだ感じの、素晴らしいジャンプだった。うーん、そして高梨はメダルに届かずか・・・・これも勝負の綾。ランディングが決まらなかった。

そして、またしてもフォクトが金。イラシュコ・シュトルツは失敗・・・。この結果は本当にソチと似ている。このことを、ここファルンの台とソチの台の相似(最新式、フラットなランディングバーン、氷のアプローチ、アプローチの形状)、そして気候(今日の午後は暖かかった・・・・)から、きちんと論じてくれるメディアがあることを祈りたい。この結果は偶然でも、高梨の勝負弱さやランディングの下手さによるものでも、フォクトの勝負強さによるものでもなく、そして、今日の伊藤の銀メダルはそれらの条件的なものを超越した素晴らしいものだということを、きちんと伝えて欲しい。

で、、、男子の予選を見た限りでは日本勢にもチャンスあり。楽しみ。僅差の勝負になる。5点差に10人ぐらいひしめきそう。つまり、ランディングが鍵を握る・・・・そういう意味では葛西には非常に厳しい戦いとなる。アマンも同様。ここはランディングが難しい。飛びすぎないことが重要という変な状態となりそう。密かに大穴視していたフライタークが案外で(ソチのときもそうだったけど、どうもこういう台が苦手らしいなぁ・・・)、本命だったハイベックも戻っていない。誰が勝つか、まったくわからない。

にしても、今のワールドカップに参戦しているジャンパーたちの誰もが凄いってことが、パート2国の代表選手のジャンプを見るとまざまざと感じられる。普通の人間なら、あんな感じになるんだってこと。トップジャンパーのサッツでの動きは普通じゃない。その普通じゃない集団の中で勝ち負けできる選手たちは、まさに選ばれし者たちなのだ・・・。


|

« 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン | Main | ヴェルタ、ここで勝つ! 世界選手権個人NH »

Comments

BS1でLIVE見ました。予選・試技と有希が良さそうなのはわかっていたので、期待はしていましたが、やってくれましたね。彼女は昨季W杯総合3位にもかかわらず、一般の日本国民の中では?の知名度でしたので、胸のすく思いです。葛西、自分の娘のような喜び方ですねo(*^▽^*)o 有希の葛西式ジャンプ、アプローチから空中、かなりものにした感じがします。テレマークは女子トップのレベルだと思います。岩淵、勢藤は雰囲気に呑まれましたかね。

男子も楽しみですね。僕は本命フロイントです。プレフツ、竹内どうでしょうか。それではまた。

Posted by: こたろう | February 21, 2015 at 03:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/61170214

Listed below are links to weblogs that reference フォクト、強いねぇ 世界選手権開幕:

« 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン | Main | ヴェルタ、ここで勝つ! 世界選手権個人NH »