« 価値ある銅メダル 混合団体 | Main | 人知を尽くした、何も恥じることのない素晴らしい4位 団体戦 »

February 26, 2015

参りました・・・フロイントはヴェルトマイスターにふさわしい

風の影響のある、不公平な試合だった。
この手の新しいフラットな台は飛び出してすぐの風の影響が大きい。今日はそこでかなり強い横風が吹いていた。この横風がどれくらいかで距離が決まってしまうのだが、ウインドファクターの計算にはまったく入らない。

でも・・・・どんな風が吹いてもフロイントの勝利は動かなかったであろう。そう思わせるだけの素晴らしい、本当に素晴らしいとしか言いようのない、彼の2本だった。2回目のジャンプは20.0オール出してもいいのに。あれで出なかったらいつ出るんだ。

ヴェルタは2本とも最悪の風。それでもメダルに滑り込んだのだから凄い。今大会では、この2人の力は抜けている。

そして、銀メダルのシュレリー。条件はある程度良かったとは思う。でも・・・ここで2本、完璧に揃えるか?オーストリアのメダルなしも現実味を帯びていたのだが、面目を保った。これでオーストリアは団体も恐い存在になったと思う。何も失うものがない、挑戦者の気持ちで望めるだろう。他の3人は成績は振るわなかったが、風が悪かっただけ。ハイベックのパフォーマンスはかなり改善されているし、ポッピンガーも一発がある。いいスパイラルに入ったら、ドイツ、ノルウェーに対抗できる力はあるとみる。

日本は・・・・なんでーーーっと3回連続で叫んでしまった。風が本当に当たらない。伊東、竹内もうまく行けばメダルに届くだけの力があるのに、あれじゃあ仕方ない。とはいえ、葛西の2回目はちょっとタイミングが・・・。この鬱憤を団体で爆発させて!相手は強いけど、4人の総合力でメダルは充分に可能と思う。パワーアップした小林がこの台にフィットしているのが心強い。

|

« 価値ある銅メダル 混合団体 | Main | 人知を尽くした、何も恥じることのない素晴らしい4位 団体戦 »

Comments

ウィンドファクターに表れにくい風の影響。日本勢はつらい試合でした。フロイント時代到来を告げるかの活躍に、前時代の覇者が待ったをかけるシュレリーの2位。面白くなってきました。何年かぶりに、役者揃い踏みの様相ですね。団体戦、一波乱起きそうです。葛西、そろそろ出番ですよ。

Posted by: こたろう | February 28, 2015 at 02:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/61201431

Listed below are links to weblogs that reference 参りました・・・フロイントはヴェルトマイスターにふさわしい:

« 価値ある銅メダル 混合団体 | Main | 人知を尽くした、何も恥じることのない素晴らしい4位 団体戦 »