« 世界選手権に向けて変わっていく勢力図 ヴィリンゲン | Main | 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン »

February 08, 2015

フロイント連勝、でも・・ テテゼー・ノイシュタット

立春を迎えたとたん急に日が明るくなった。逆に空気は冷えて、気持ちのいい冬の日々が続いている。来週はカーニバルということもあり、人々も心なしかはしゃいで見える。ただ、今日は朝からかなり風が強くて、これは今日の試合は荒れそうだと思った。実は仕事の都合で試合を見ることができなかったが、結果を見るとそのとおりだったみたい・・・。この手の台は下の風で勝負が決まってしまうところがあるからなぁ。葛西の二回目はちょっとかわいそう・・・伊東と続けて飛んでるのに、なんでこんなに差があるのかなぁ。

一方、土曜の試合はそれなりに公平な試合だったと思う。フロイントはこういうフライング系の台はめっぽう強い。1回目終わってフロイントとプレウツの一騎打ちになったが、2回目のプレウツは明らかな失敗ジャンプ。今年の彼は勝ちに行くと力が入っちゃうみたい。経験の差が出てきてるかな。

日曜もフロイントが勝って一気にトップに詰め寄るかと思ったのだが、なぜか結果のリストに無い。探したら一番下に。なんと失格。体重が100グラム足りなかったそうだ。これは総合王者を狙う上では痛いポカだと思う。ほんのちょっとの差でクラフトやプレウツを捕らえ切れないということにならなければいいのだけど。幸い、今日は荒れたせいもあって彼らも大きなポイントを稼ぐことができなかったが・・・。

さて、次はモンスターフライング。フリーガーの復権がありそうなので、期待している。もちろん大本命はフロイントだが、それに挑むノルウェー勢(ファンネメル・ヴェルタ)にテペシュ、葛西というところ。忘れちゃいけないのがクラニェッツだけど、ちょっと調子が悪すぎるかな。今のクラフトがどれくらいフライングが飛べるかにも注目している。ノイシュタットの土曜2回目のジャンプはものすごいスピードジャンプだった。絶好調時のアマンに近いから、フライングが飛べてもおかしくない。あとシュレリーはいまやフリーガーとは言えない気がする・・・。伏兵としてはアイゼンビヒラー、デシュヴァンデン、シュニシュチョル(どう読んでいいのかわからんけど・・)を挙げておこう。

|

« 世界選手権に向けて変わっていく勢力図 ヴィリンゲン | Main | 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン »

Comments

かずやんさんどうもです。フロイント、このミスは総合争いでは痛い感じがしますね。

世界選手権はさておき、大好きなFHの試合。当然フロイント、ファンネメルあたりは狙ってくるでしょうね。葛西ですが、このところの風当たりの悪さは、以前に戻ったような運の無さですね。ほぼ一番悪いか、その次あたりかという状態です。年間追い風ランキングがあったら、1位かも。なんとか2本よい風で飛ばせてあげたいと願っています。

Posted by: こたろう | February 09, 2015 at 09:32 AM

どうもです。そうですね、100gはコップ一杯でクリアできる量ですからね。ただ、ここのところ乾燥しているので、体重やスーツの重量は結構変わると思います。測ってないはずはないですから・・・。

年間追い風ランキング、おもしろそう。やってみたいですね。今季はどこも風が強いですねぇ。

Posted by: かずやん | February 09, 2015 at 10:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/61107899

Listed below are links to weblogs that reference フロイント連勝、でも・・ テテゼー・ノイシュタット:

« 世界選手権に向けて変わっていく勢力図 ヴィリンゲン | Main | 250mを超える戦い フリーガーの新しいかたち ビケルスン »