« ドイツ対ガーナ | Main | ワールドカップもダービーも過ぎ去り・・・ »

June 25, 2014

日本らしく

日本代表、見事に負けました・・・・。
でもこの試合はそれなりに走れていたし、選手たちは少しはやりたいことができたんじゃないか。
結局、相手の最終ラインが強かったということ。多少の運が必要だった。前半で2点取れなかった時点で勝負が決まっていた。

代表のみんな、いろいろと言われて大変だなぁ。
とりあえずゆっくり休んで、自分のことをちゃんとケアしてあげてほしいと思う。

彼らを非難しても何も始まらない。
最終的には、日本サッカーのレベルの問題なのだから・・・・国内で小さいときからやっていることが、積み重なったものが一番上に現れるだけだ。優秀な監督呼んでも、ぱっと集まって、数週間しかない準備期間で、今までやってなかったことができるはずがない。国外のリーグに行った選手だって、結局は日本のサッカーをそこでするだけなんだ。急に外国人にはなれない。日本人としてレベルが上がるだけ。

だから、小さい子のサッカーとJリーグをちゃんと盛り上げていくことが一番大事。それは本当の意味でのサポーターの力でもある。他は瑣末なこと。

今回もちゃんと次に繋がったと思う。生きているうちに、一度は決勝まで進んで欲しいなぁ。どんな気持ちになるのか想像もつかないけど。そんなことを思う。

(追記)
ザックの言動を見ると・・・・彼は本当に日本の文化を尊重していたんだな、と思う。勝負を超えた何かを追い求めることを許容していた。究極まで現実的に勝負にこだわることを良しとしない、そういう文化が日本にはある。それを求めながら、それでも勝つには、よほどの実力差がなければならない。そうでない場合、どうするのか。これは、サッカーだけの問題ではない。どんなことでも、世界との競争に晒されたとき、日本人が突きつけられる命題だ。「勝てなければ意味がない」という文言に反感を覚える日本人は多いはずだが、今の世知辛い世界ではそれに真っ向から反論することは、難しい。

「勝つこと」が代表チームの務めなら、ザックは(結果論的にも)代表監督として失格だ。しかし、「国を代表する」ことが代表チームの務めならば・・・彼以上の監督をみつけるのは難しい気がする。そんなことを考えるのって、変かな?

|

« ドイツ対ガーナ | Main | ワールドカップもダービーも過ぎ去り・・・ »

Comments

敗戦後の記者会見を聞いて、ザッケローニという人は本当に、良くも悪くもどこまでも仕事の相手(国であり、選手であり)をリスペクトする監督だったのだな、と感じました。
結果としてそれは本大会において「勝つこと」に繋がりませんでしたが、同時に、彼でなければ、未曾有の災害のあった異国に寄り添い続け、アジアカップというヨーロッパのサッカーとは何もかも異質な場所で勝ち抜くことはできなかったでしょう。

選手を、自分たちを信じることが出来なければ監督という仕事は始まらないが、しかしただ自らを信じているだけでは勝てない。(これは、スキージャンプにおいて、トレンドが時々刻々変化していく中で、自分のスタイルをどこまで信じて守るのか、という問題と相通じる気がします。)
ザッケローニ監督とそのチームの軌跡には、日本特殊の事情・過程ということを超えて、この競技を戦う上での普遍的な問いが表れている気がします。そういうものが、すべてのチームにほんの一瞬のうちに、明瞭に、残酷に示されるのが、ワールドカップの醍醐味なのだな、と感じました。

Posted by: まちびと | June 27, 2014 at 02:55 PM

どうもです。リスペクト、ですね。そのとおりです。
代表監督って、エゴの塊のような人でないと務まらないと思っていましたが、こういう人もいるんだなと・・・・。日本人監督だと、日本人を知りすぎているから欠点を消すようにバランスとしてエゴ方向に向かうでしょう。今回のW杯はザックのおかげで良くも悪くも、ものすごく日本人らしさが出たなぁと思っています。

Posted by: かずやん | June 27, 2014 at 07:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/59878118

Listed below are links to weblogs that reference 日本らしく:

« ドイツ対ガーナ | Main | ワールドカップもダービーも過ぎ去り・・・ »