« オリンピック開幕 | Main | フォクト、初代王者に輝く ソチオリンピック 女子ジャンプ »

February 09, 2014

ストッコ、マリシュも為しえなかった夢を果たす ソチオリンピック ノーマルヒル個人

今回のオリンピック、ユーロスポーツは放映権を取得せず。
まぁ、地上波でやるみたいだからいいだろう、とタカをくくっていた。

今日の19時まで、リュージュにスキージャンプが蹴られる国があるとは露とも思わなかった。ロッホの金メダルは凄いけど・・・・その4回目の滑りと表彰式がジャンプの1回目を完全に飛ばしたのであった。ロッホの雄たけびを聞きながら、FISのLive Tickerでストッコがいきなり勝負を決めてしまうところを見る羽目になった。2回目は見られたけど・・・・1回目の結果で、もう、メダルはよほどのことがない限り動かない状態だった。

ストッコ、プレウツ、バーダル・・・・まぁ、順当だろう。
強いジャンパーはやっぱりちゃんと合わせてくるね。前に行くストッコのジャンプはここのフラットな台にバッチリ合っていた。マリシュが取れなかったオリンピックの金を、至極簡単そうに取った。でも、この大一番にちゃんとトップフォームを持ってくるのが簡単ではないことは、アホネンやシュレリーが一番良く知っている。

風の有利不利が多少、ある戦いだった。
途中、いい向かい風が吹く瞬間があり、ロシアのマクシモフスキンが104mの大ジャンプ。地元開催はこれがあるから恐い。しかし、その風は長くは続かず、あと15人ぐらいからは結構厳しい戦いになった。一番悪い風を受けたのはヴェリンガーとシュレリーだった。共に2回目にジャンプアップしたがメダルには遠く及ばなかった。それにしてもシュレリーは案外だったね。あれくらいの風はちょうどいいハンデ、みたいな、いつもの強さを見たかった。幸いなことにその追い風は葛西の時には弱まっていた。プレウツはとても運が良かった。ジャンプも完璧。あれで勝てないなら仕方ない。で・・・・最後のストッコ、風なんて関係ないというジャンプだった。一人だけ違う曲線で飛んでいた。

ドイツ勢は、追い風にやられたヴェリンガーだけじゃなく、フライタークは着地点がエアポケット状態で両足着地になるし、フロイントにいたってはちょっと堪え過ぎた感じで転倒してしまうしで、散々だった。1回目に最高のジャンプをしたヴァンクにしても、向かい風が止むのを待たされて、ゲートが一つ下がり、その挙句に風は止まっていたという状況だったしね。しかもそのヴァンク、2回目は最悪の追い風。ヴァンク、ヴェリンガー共にジャンプは2回ともほぼ完璧だったと思う。ついてないときはこういうものだ。

オーストリア勢はシュレリー以外は健闘といっていいだろう。トレーニングから好調でメダルの期待もあったハイベックだったが、2回目のジャンプは外しちゃったね。やはりここ一番での経験不足が出てしまったか。ディートハートは逆に本番に強いなぁ(4位)。モルギーは飛べるだけで凄い。ラージではちゃんと戻ってきそうな感じ。

日本勢はそれぞれにしっかり飛んだと思う(竹内の2回目は大踏み外しだったけど)。葛西はノーマルでもきっちり8位入賞で結果を残すところが凄い。おそらく葛西・伊東の2人は意識してノーマルをパスしたんじゃないかな。ここのノーマルはフラットで癖のある台だから、できる限り飛ばないことで、体に変な癖を残さないようにしているのだと思った。高温のためランディングバーンはジャリジャリ。2人とも膝に不安を持っているから、リスクを避けるという意味でもいい判断じゃないかな。勝負はラージなんだから。

スロベニアはプレウツの銀メダルの一方、もう一人のエースであるクラニェッツが予選で転倒し、そのときは大丈夫そうに見えたが、検査の結果、思ったよりも重症でラージに出られるかどうか微妙らしい。

総括としては、オリンピックの金メダルに一番大事なのは新造台との相性。それこそが運なのだと、強く感じる戦いだった。

さて、次は女子だが・・・・うーむ、この高温状態が続くようなら、軽量の高梨は苦戦するかもしれない。来週はもう少し気温が下がってくれるよう、祈りたい。

|

« オリンピック開幕 | Main | フォクト、初代王者に輝く ソチオリンピック 女子ジャンプ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/59103675

Listed below are links to weblogs that reference ストッコ、マリシュも為しえなかった夢を果たす ソチオリンピック ノーマルヒル個人:

« オリンピック開幕 | Main | フォクト、初代王者に輝く ソチオリンピック 女子ジャンプ »