« 素晴らしい戦い 独墺の底力を見せつけられた スキージャンプ団体 | Main | 膝大丈夫かなぁ・・・ ファールン »

February 23, 2014

オリンピックの求心力 ソチオリンピック総括

素晴らしい祭典だった。
ただ一つネガティブなことを言うとすれば、それは、ゆるい氷、ジャリジャリの雪が選手たちのパフォーマンスに少なからず影響しているように見えたことだろう。地球温暖化の影響とかそういうことよりも、単にソチという場所が冬季五輪を行うには暖かすぎたということになろう。

スキージャンプにおいては、その影響をドラマティックな形で受けてしまったのが高梨沙羅だった。実は彼女の涙を見て、「オリンピック至上主義との決別」をテーマに、以下のようにこのオリンピックを総括しようと思っていた。

スキージャンプはあまりにも環境要因に左右される部分の多いスポーツだから、一発勝負にはそぐわない。特にオリンピックは新造の台で行うから台との相性がすべてを決めてしまう。不条理な環境要因でスキージャンパーの数年間の努力が無に帰するのは、本当に忍びない。だから見る方も、少なくともスキージャンプにおいては、オリンピックを特別視するのはやめて、普段のワールドカップをもっと評価しようよ。ワールドカップの総合王者を真の王者として遇し、オリンピックはいわゆるお祭り騒ぎ、野球で言えばオールスターゲーム的な扱いで行こうよ。そしてメダルを取った、取らないであんなに極端に扱いを変えるようなことを、しないようにしようよ。

私は基本的にはそう思っているし、そう主張したいという気持ちは今も大きい。

でも・・・・男子ラージヒル、団体を通じて見えてきたものは、オリンピックの凄さ、そしてそれに賭ける選手たちの思いの強さだった。

それは日本代表選手に限ったことではなかった。

日本では報道されていないけど、いつもはクールなシュリーレンツァウアーがORFのインタビューで突然涙を流したのにはびっくりした。涙の理由は定かではないが、シュレリーのチーム批判ともとれる発言を出発点とした、メディアによるシュレリー・ポイントナーの確執報道がその背景にあった。シュレリーがオリンピック直前にドバイにバカンスに出されたことが、問題の深刻さを物語っていた。でも・・これらの根源には、シュレリーにかかっている大きなプレッシャーとオリンピックにかける彼の思いがまずあって、そして、パフォーマンスが上がらないことへの苛立ちがあることは間違いなかった。

ドイツチームはソルトレークでの金メダルの後、12年間ずっとオーストリアの後塵を拝してきた。メディアからは叩かれ続け、選手・スタッフは悔しい思いを募らせてきた。復権のため、オーストリアからのヘッドコーチ、育成コーチ招聘などプライドを捨てて取り組んできた。そんな中行われた昨年の世界選手権はリベンジの絶好のチャンスだと思われたが、エースの働きを期待されたフロイントは調子を崩し、団体戦では2番手で出場したものの低調に終わった。オーストリアとの差は僅差だった。彼は金メダルを逃した責任を背負い込むことになった。だからこそ今回、団体金メダル決定の瞬間に彼の喜びが大爆発したのだった。そのとき、ドイツ人のスタッフたちもみな涙していた。

空前のジャンプ・ブームに沸くポーランドで、偉大なるマリシュの後継者として、金メダルを義務付けられてオリンピックに望んだストッコのプレッシャーの大きさはいかなるものだっただろう。そして、ひょうきんな素顔でストッコと人気を二分するジラが、今回のオリンピックで背負ってしまった十字架の大きさを想像すると、いたたまれない気持ちになる。このジラの気持ちが本当にわかるのは、原田雅彦だけだと思う。

それ以外にもモルギーの奇跡の復活、クラニェッツの片足での戦い・・・・オリンピックでは「一念岩をも通す」の格言ような、普段ならありえないことが実際に起こってしまうのだった。こういう、選手たちとそれをサポートする人々の思いを感じてしまったら、オリンピックはお祭り騒ぎに過ぎない、なんて言えなくなってしまった。

それに実際のところ、今回の結果には選手たちの積み重ねてきたものが確実に現れていた。確かに不条理はある。でも真の強さを持った選手・チームはそれを撥ね退けてみせた。

オリンピックの求心力。4年にいちどの本番に、すべてが収斂していくさまを見て、それを認めないわけにはいかないのだった。

だからこそ・・・その舞台が、できる限り公平な舞台であることを保障する努力をFISとIOCには求めたい。新造台においては、少なくとも数回は本番前にワールドカップレベルの大会が行われて、台の問題の洗い出しと必要な改修、そしてジュリーや選手が台の癖を掴む十分な機会が与えられるようなスケジュールが組まれるべきではないかと思う。

次は韓国、平昌オリンピック。間違いなく日本にとっては地の利のある場所。どのような戦いを見せてくれるのだろう?4年後、世界が、そして自分の周りが、それを楽しめる状況にあることを切に願うよ。

|

« 素晴らしい戦い 独墺の底力を見せつけられた スキージャンプ団体 | Main | 膝大丈夫かなぁ・・・ ファールン »

Comments

かずやんさん、どうもです。この総括、私も感じていたこと+もやもやとしていたことが、ヒジョーに上手くまとめられていて、そうだよ、こういうことなんだよ!と、共感をおぼえています。私も周囲にイタリック体になっている箇所と同様のことを力説(笑)していましたが、今回、オリンピックの力を感じた次第です。

さて、今回の五輪ジャンプ、伊藤有希の2本目は全体の2番でしたね。今シーズン、フォームを少し変えた(掌の向きとか)と思うのですが、それがハマッてきたのでしょうか。なにか掴んだ感じです。期待しているのですがどうでしょうか。

Posted by: こたろう | February 24, 2014 at 12:54 AM

どうもです。この記事はなんといいますか・・・オリンピックよりワールドカップ!と言いながら、メダル取ってくれてめっちゃ嬉しかった自分に対するいいわけ、でもあります。

伊藤有希のことですけど、素人ですから、何が良くなったのかはっきりとはわかりません(^-^;。ただ、今までと飛行曲線自体は変わらず、フラットなまま、飛び出しスピードと前に進むスピードが速くなったと感じています。手のひらの向きこそ少し違いますが、葛西をまねているんじゃないかと思っているのですが、どうでしょう。ジャンプのタイプが同じ、最高の手本が身近にいるというのは大きなアドバンテージなのではないでしょうか。あと、女子アスリートの難しい時期を抜けつつあることも大きいと思います。高梨はこれからその時期に入りますから、次の数年は伊藤が引っ張る形になっても驚きません。

Posted by: かずやん | February 24, 2014 at 07:35 PM

早速のご返信ありがとうございます。有希選手、葛西のジャンプと類似点、動画サイトで見比べてみました。なるほど、仰るとおりですね。全体としてジャンプの傾向が近い気がしました。女子選手の体の変化、確かにその要素もありますよね。フィギュア選手ではよく苦労しているのを見ますが、ジャンプもまた然りということでしょうね。

最近女子ジャンプも男子には無い面白さもあり注目しています。岩渕香里も今後の伸びしろがありそうで期待しています。かずやんさんには、またいろいろ質問してしまうかも知れません、宜しくお願いいたします。

Posted by: こたろう | February 25, 2014 at 02:33 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/59160850

Listed below are links to weblogs that reference オリンピックの求心力 ソチオリンピック総括:

« 素晴らしい戦い 独墺の底力を見せつけられた スキージャンプ団体 | Main | 膝大丈夫かなぁ・・・ ファールン »