« Novellist 発熱で取り消し・・・・ | Main | 周回遅れを維持 »

October 06, 2013

まあ、いつか勝つでしょう

Novellistという目標になる馬が消えたことで、ある程度スローになることは予測できた。
そんな難しい中で、あんなに上手く立ち回ったキズナの成長力は凄いと思った。武も神がかったような騎乗だったと思う。それでも・・・・。

今日はトレヴが強すぎた、そのひと言に尽きる。ヨーイドンになって全員が全速力のところですーーっと抜けるなんてね。馬場が緩くて斤量差が効いたと言えるとは思うけど、そんな差じゃなかった。もうちょっと底力が問われるペースになったらなとも思ったけど、冷静になってからリプレイを見たら、今日のレースは力があったらちゃんと勝てるレースだったと思う。オルフェーヴル、キズナ共に上手く立ち回っていい感じで直線に向いた。まぁ、たぶん騎手は馬場が緩かったと言うと思うけど、まぁ、それはトレヴだって同じ。彼女だって硬い馬場の方がいい、って言われていたんだからね。

振り返ってみれば、まぁ、ある意味すっきりした負け、だと思う。
それに凱旋門賞に日本馬が2頭出て、2着と4着。これってすごくないかな。
これを不満に思うのは、10年前を考えたら信じられないような、とても贅沢なことだ。欧州競馬へのリスペクトに欠けているのかもしれない。

いつの日か、めぐり合わせさえ合えば勝てる、そういう時代になったことは間違いない。そのいつか、まで。

|

« Novellist 発熱で取り消し・・・・ | Main | 周回遅れを維持 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/58335478

Listed below are links to weblogs that reference まあ、いつか勝つでしょう:

« Novellist 発熱で取り消し・・・・ | Main | 周回遅れを維持 »