« どこで線を引くのか?が悩ましい、次のコンピューター環境 | Main | 超大型ジャンパー ヴェリンガー降臨 »

September 29, 2013

希求力のあるオーディオ機器

先日、LINNからEXAKT systemが発表された。
オーディオの進化を実感させる説得力を持っている。音楽を普通の部屋できちんと楽しむために、現在あるテクノロジーをどのように使えばよいかを正攻法に考え、実装したものだ。測定による自動補正に頼らないという決断も正しい。

ステレオサウンドに出ていた、デビアレとオーレンダーの製品。素晴らしい。なによりもその製品が何故そうでなければならないのかを語れるコンセプト、そしてその希求力が素晴らしい。

これらの製品は、デジタルファイルを含む多様なソースから、いい音を、ユーザーに煩わしさを感じさせずに提供するものだ。いよいよ、ハイエンドオーディオにおいても音楽ソースの主流がディスクからファイルに変わるのだな、と感じた。

でも、何故かわからないけど・・・・悔しい。
何故こういう製品が日本のメーカーから出ないのだろう。充分な技術があり、人材も資材も揃っているはずなのに。

マランツのNA-11S1、SA-11S3。デノンのDCD-SX1。今度出たソニーの一連のハイレゾ対応機器。「良くこの値段でこのクオリティのものを作れるな」と思う。関わった人たちの凄い努力が滲み出ている。でも、彼らに与えられた「枠」が小さすぎると思う。そして、それが一つ一つの機器のレベルで止まってしまっている。これらから出てくる音のクオリティや機能の問題じゃない。問題なのはその製品のクオリティを生かすコンセプト、そしてそれに見合う希求力・説得力があるかどうかだ。

そういう希求力・説得力は、そのメーカーの思想やブランドイメージと密接に繋がっている。日本のメーカーは、自らのブランド価値をどう思っているのだろう。アキュフェーズやエソテリックなどのいわゆるハイエンド専業メーカーのことではなく、もっと大きなメーカーのことだ。

SONYはいまだに全世界的に素晴らしいブランド価値を保っている。Marantzの欧米でのブランド価値は非常に高い。ONKYOやDENONはヨーロッパにおいて神話的な名声がある。しかし、その名声は近年、どんどん下がっていると感じる。

これらのメーカーの経営者たちは、今後の「ポスト・マスプロダクション」時代において、ブランド価値を保つことの重要性を本当に理解しているのだろうか?そのために必要なものはメーカーの思想を世に示す究極の製品なのではないか?

たとえば・・・・ソニーは「アコースティック・リファレンス」の思想に足るピュアオーディオ・エレクトロニクスとか、現在あるすべてのソースに対応するスーパーハイエンドAVセンターにフルデジタルアンプを積んだアクティブ・サラウンドシステム-SONYの名前を信じているインド・中東・中国の金持ちを満足させるクオリティと値段のフルシステムが必要なんじゃないか。1万ドルじゃなく10万ドルの世界だ。ゴールドモデルをオプションで提供することも重要。世界最高峰のデジタルアンプ技術をなぜ世に問わない?

デノン・マランツはB&Wとの協業でLINNを脅かすハイエンド・トータルソリューションが欲しい。このとき、もっとも重要なのは、音のコンセプトの統一とパッケージングだと思う。個々の機器レベルを超えた、ブランドの音の提示だ。デビアレのような一体型でもいい。MarantzのM-CR610を究極に高め、B&Wのシグネチュア・モデルに見合うものにできないか?

オンキョーはハイレゾの旗手として、オーレンダーに匹敵するものを作れるはず。コンピューター部門を手中にしている強みを存分に生かして、ハイエンドオーディオ機器に昇華したオーディオコンピューターを・・・既存のパソコンのモディファイのような中途半端なものではなく、すべてを一から作り上げたものを。OSから作っていい。そしてそれをピュアオーディオ機器とソフトウェアの連携で繋ぐのだ。

EXAKT systemなどを見て、そういう思いがふつふつと沸いてしまったのだった。日本人はチマチマと細部を詰めることは得意でそれは日本にしかできない長所。それを生かすコンセプトが欲しいと思う。それが希求力を生み、ブランド価値を創生する。

このことは、enchantMOONに対する思いとも交錯する。enchantMOON、使っていくとわかるんです、作り手の思いとコンセプトが。しかし、技術的な、もっと言えばリソースの制約でそれが100%は果たせないもどかしさがある。このくらいの突き抜けたコンセプトで例えばSONYや東芝が本気で作ったら、コンピューターのパラダイムを変えるような凄いものができるはずなんだ。何故、彼らにはできないんだろう?

ビジョンやコンセプトをしっかり持つことが日本人は苦手なのかもしれないが、それよりも、人と違うコンセプトを持った人を大きな心で受け入れ、支援する度量が日本の会社(いや、社会か)にもっとも欠けていることなのかもな・・・・。このままじゃ、日本全体が頑張っているのに報われない、小売スーパーのようになっていくんじゃないかなぁ。

|

« どこで線を引くのか?が悩ましい、次のコンピューター環境 | Main | 超大型ジャンパー ヴェリンガー降臨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/58285230

Listed below are links to weblogs that reference 希求力のあるオーディオ機器:

« どこで線を引くのか?が悩ましい、次のコンピューター環境 | Main | 超大型ジャンパー ヴェリンガー降臨 »