« バーデン大賞 | Main | 希求力のあるオーディオ機器 »

September 21, 2013

どこで線を引くのか?が悩ましい、次のコンピューター環境

パソコンという言葉はもう死語なのかもしれないが、中学生の時から、ずーっと自分のコンピューターを持ち続けてきた。年数にしてもう27年!になるのか・・・。昔はかなりとんがったものを持ちたがったものだが、最近は仕事に使うものという割り切りから、いわゆる「枯れた」ものを使うようになった。今、この文章を打つのに使っているのはThinkpad X41-IBMロゴ最後のThinkpad、1.8インチHDDの鬼っ子である。今どき、WindowsXPとOffice2000を使っている奴なのだ。

しかし来年のXPサポート終了、またウェブコンテンツの変容、電子書籍、ストレージのクラウド化への対応などを考えたら、さすがにそろそろ「次」を考えなくてはならなくなった。Intelの第4世代CoreCPUは(ようやく)コンセプト的に刷新されたものだし、タブレットの凄い進化には目を見張る。

どう考えても今後はタブレット的操作によるウェブコンテンツへのアクセスは必須になる。しかし、一方で仕事には良いキーボードが必須だ。そして、電線からの開放の流れに乗ること。この3つの条件を一つのデバイスで100%満たすことができるかどうかをまず考えた。

自分はThinkpad使いだから、IFA2013でのThinkpad Yogaの発表を見て、これで行けるはずだと一度は思った。10時間以上の駆動時間、タッチ、高品質キーボード、トラックポイント・・・・。

でも、よく考えてみるとYogaタイプにすることによって重量は増し、駆動時間は短く、そして信頼性は間違いなく下がると思う。ほとんどのユースケース(つまり仕事面)において、普通のクラムシェル型Thinkpad XやTに劣るであろうことは明らかだ。

また、1キロ以上もあるものをパッドとして使うことは、結局は無いように思った。

なら脱着式(Thinkpad TwistHelixやSurface Proなど)、あるいはスレートタイプPCにThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードを組み合わせるということも考えた。が・・・そうなると画面サイズは11インチクラスとなる。それで仕事になるのか?を考えたら微妙。ならセカンドディスプレイ・・・・どんどん、一つで済ませるという理想から離れていく。

そう考えていくと、13-14インチクラスのクラムシェル型ノートに大画面スマホ、というのが大多数の選択になるというのが当然に思えてくる。つまり、そこに線を引いて2つにするということだ。私であれば、Thinkpad T440sにGoogle Nexus 4というところだろう。

ただ、これだと電子書籍への対応、もしくは新聞や論文をブックリーダーやブラウザで読むという、私の本当にやりたいことが快適にできるようにはならない。そこは大画面タブレットの独壇場だ。スマホの必要性を感じないのだから、自分の場合はスマホをタブレットに置き換えることができる。

タブレットとなれば、やはりどう考えても今年中には出るであろう、新型第5世代iPadしかないだろう。そうするのであれば、出先ではiPadとenchantMOONを使い、母艦となるコンピューターの方はもう少しディスプレイが大きいものもしくはデスクトップで作業効率重視という方向性もありえる。線を引く場所を変えるということだ。

また、iPadを使うなら母艦をMacにするのがスジってものじゃないか、という気持ちもある。ソフトウェアへの投資が必要となるが、それ以外に仕事上の問題はほぼ無いのだし。あと、enchantMOONのコミュニティがMac寄りであるということもある。

うーーーん、一番、現状で現実的な選択はiPadにThinkpad T440pだと思うのだが、なんかしっくりこないんだよな・・・・・この組み合わせの違和感はなんなんだろう。iPadにこだわらずタブレットをGoogle Nexus 7にすればいいのかな・・いや結局一番欲しいのはiPadなんだから、それでは本末転倒か。

たぶん、この違和感はWindows8.1のどっちつかず感とリンクしている。もっと突っ込めばMicrosoft自身がどこに線を引くのがいいかわからなくなって迷走してSurfaceを出したりしているのに巻き込まれている感じだ。タブレットを取り込んで3-in-1を推しているが、大多数のユーザーのユースケースに合致していない。そう考えるとMacには頑なにタッチ機能を搭載せず、タブレットとコンピューターの住み分けの線を明確にしているAppleのコンセプトは明快で迷いがない。

では、Macにするなら13インチAirにするのか、Retinaにするのか、iMacにするのか・・・・13インチAirは魅力的だけど、ちょっとiPadとの住み分けが微妙な感じがする。刷新されるであろうMacBookProとiMacの出来を見てからでも遅くないか。優柔不断も極まれり。

|

« バーデン大賞 | Main | 希求力のあるオーディオ機器 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/58240944

Listed below are links to weblogs that reference どこで線を引くのか?が悩ましい、次のコンピューター環境:

« バーデン大賞 | Main | 希求力のあるオーディオ機器 »