« 球を替えてみた、今の時点での考察 | Main | 去年のダービー、今年のダービー »

June 16, 2013

スープの灰汁取り

日本はとんでもない猛暑らしい。そして台風。アメリカは竜巻、ドイツは洪水。どう考えてもおかしいね、今年の北半球は。これが普通になっていくんだろうか。ここにきてドイツもようやく少しは夏らしくなっては来た。ただ、危惧したとおり今年の春の農作物は壊滅的らしい。6月半ばになってもまだ地物の新じゃがは出てこないし・・・・。麦は大丈夫なんだろうか?

球を替えたアンプの音はまさに「日によって違う」状態で、こればかりは真空管のバーンイン完了を待つより他はないようだ。ここは一つ、あまりいじらずに日々変わり行く音に素直に従うことにしよう。この状態では、調整しても一瞬だけの儚い夢を見ることになってしまうだけだ。とりあえず、新しい球は2週間持った。もうこれですぐに飛ぶということはあるまい。

ある種の歪みを味方につけるというインスピレーションは、一歩間違えればとんでもない方向に行ってしまう可能性を秘めている。それは、完璧なバランスのスープにほんの少しだけ苦味を入れるようなものだと理解している。その苦味が正しく生きるためには、その他の雑味は除かれていなければならない。音も同じだろう。歪んだ状態にさらに歪みを足すような状況では、意図しない歪みの相互作用が起こってしまい、コントロール不能に陥るのは目に見えている。

そこで、真空管が落ち着くまでの間に電源、セッティングの両面で振動と高周波ノイズの排除を行うことにした。さっきのスープの喩えで言えば、まさに“灰汁取り”である。まったく手をつけていない部分が多いので、基本に忠実に行えば効果があるはずだ。だが、高価なアクセサリーを買う余裕はまったくない。ありふれたマテリアルでできることを考えないと。ただ電源ケーブルだけは素人が手を出しても付属品に勝つのは難しいし、第一、危険だ(ここの230Vは特に)。これだけは少し出費が必要か・・・。

|

« 球を替えてみた、今の時点での考察 | Main | 去年のダービー、今年のダービー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/57608146

Listed below are links to weblogs that reference スープの灰汁取り:

« 球を替えてみた、今の時点での考察 | Main | 去年のダービー、今年のダービー »