« 球を替えてみる (2/4) 動機 | Main | 球を替えてみる (4/4) 顛末 Svetlana 6550 Winged C »

June 07, 2013

球を替えてみる (3/4) 決断

ということで少し真空管の世界に足を踏み込んでみたのだが・・・ディープな世界がそこにはあった。6550WEと6550、6550Cの違いすら知らない私に、どのメーカーがどの工場でいつ作ったか、が重要であってラベルそのものからはそれは判断できないなんて言われてもね・・・。

替えようと思い立ってまず思い浮かんだのはEL34だった。もともとEL34が標準管だったからというのもあるが、これは学生時代から続くウエスギアンプへの憧憬とリンクしている。故上杉氏がこよなく愛したEL34への憧憬だった。また、現状、パワーは少ない方がいいんだしというのもあった。

しかし・・・EL34にもいろいろあって、音もそれぞれまったく違うと知って愕然・・・そして上杉氏が愛したEL34は現行管ではなく、そして、本当にいいEL34はもう、作られなくなって久しいと言われているのだった。現行管では以前のV40の標準管だった、Svetlana製のSEDタイプが一番良いようだが、これも往年のドイツ製SEDに比べたら・・・・などと言われたら困ってしまう。たぶん、Svetlana SEDやロシア製現行ムラード管も実際聞いてみたら問題ないのだろうけど、「これはベストではない」と思わされてしまったこと(それが真実かどうかは別にして)が精神衛生上良くない。また、よく考えてみれば、そもそもEL34がV40SEの標準管でなくなったこと自体がいぶかしい。

しかも、巷で言われているEL34の音質傾向は、今の私のシステムが抱えている問題にとって良い方向性とは思えなかった。これ以上低音がすっきりしたり、中域に色気があってほしくない。これだって聞いてみないとわからない部分ではあるのだが。ただ、無理してまでEL34にこだわるというモチベーションを掻き立てるものではない。

そんなこんなでネットをさまよっていると、2005年頃のOctaveのユーザーフォーラムに、いろいろな球をV40で比較するというスレッドを見つけた。それを含めて、ネットにある情報を読む限りでは私の求めている出力管は結局6550なのだ。KT88でなく、EL34でもなく、低音の量感があり、上の方はフラットな6550。そして、Svetlanaの6550 Winged -C-がベストだという、そのスレッド主の結論に共鳴するものがあった。しかも彼のシステムのスピーカーはAudio Physic Virgo 3、つまりはArkadiaと同じくゲアハルトの作ったものだった。

ではWinged -C-とはなんじゃらほい、となった。調べた。それは、以前は(旧)Svetlanaのサンクトペテルブルク工場で作られる球に刻印される、羽のモチーフにCのマークだったそうだ。だが、今のそれはブランド名であり、サンクトペテルブルク工場製を示すものとは限らない。ロシアではブランドを持っている会社と工場が別運営になっていることがほとんどで、Svetlanaも例外ではないのだった。投資のゴタゴタでアメリカの親会社が2001年頃につぶれてからは、Svetlanaのブランド名は二つの会社に分かれてしまった。私が理解したところでは、Winged -C-ロゴは旧Svetlanaの工場で作られるものについていて(サンクトペテルブルク工場とは限らない所がミソ)、それとは別にSロゴと言うReflektorの工場(SovtekやElectro Harmonicsブランド製品が作られるのと同じ工場)で作られるものがあるということ。だから、Svetlana 6550“S”はSovtek 6550WEと基本的に同一らしい。ややこしいなぁ・・・・。しかも、ブランドのライセンスは北米とその他で異なっているらしい。部外者にはまったく分からない世界だ。となると2005年にWinged -C-がベストと書かれていても、その時に使った6550Cと今売られているものが同じラベルであっても本当に同一かどうか怪しい限り。構造的には同じでも品質は違うかもしれないし。はぁ・・・・。

そうやって調べていくと、真空管の供給がアンプメーカーにとっては頭の痛い問題であることが感じられ、そしてOctaveが現状で品質の安定しているSovtek 6550WEを標準管にしたのは当然の帰結に思えてくる。旧Svetlanaは音が良くても供給や信頼性に問題があって使えないのだろう。こうなったらホフマンさん、儲けを投資してシュヴァルツヴァルトで自製されてはいかがかな??

うーむ、ではどうしよう。一つの考え方としては、マッチングされた6550WEかSvetlana 6550“S”を買って、今のままで問題だけを解消する方向があった。だが・・・その保守的な方向性をよしとしない、大穴狙いの性向がうずく。それほど高いものでもないのだし、ダメもとでチャレンジすることにした。Svetlana Winged C matched Quadを英国LangrexよりeBay経由でポチっと発注。さてどうなりますか。

|

« 球を替えてみる (2/4) 動機 | Main | 球を替えてみる (4/4) 顛末 Svetlana 6550 Winged C »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/57513912

Listed below are links to weblogs that reference 球を替えてみる (3/4) 決断:

« 球を替えてみる (2/4) 動機 | Main | 球を替えてみる (4/4) 顛末 Svetlana 6550 Winged C »