« 勝負を分けた、プレダッツオNHの二面性 世界選手権ノーマルヒル大会 | Main | ストッコ、名実共にマリシュを継ぐ存在となる 世界選手権 ラージヒル »

February 24, 2013

やったーーー 世界選手権 混合団体

サラ・ヘンドリクソンが104.5mを飛んで、次は高梨。ゲートを下げてくれ!と心の中で叫んでいた。飛びすぎによる転倒が恐かった。追い風の条件では、高梨はヘンドリクソンより3mは遠く飛べる能力がある。このままではヒルサイズを越えてしまう。あぁ、そのままスタートしちまった、お願いだから立ってくれと祈った。

良かった・・・これで勝った。

それにしても、チーム戦というのは水物だなぁ。個々の能力を考えたら、4位のノルウェーと日本はほぼ同じだと思う。いい勝負にはなるとは思っていたが、あれほどの差での金メダルは予想外だった。上手く行くときはこういうものか。一方、大会前は優勝候補の一角だったスロベニアがあれほど沈むとは。

今日は伊東が本当にいい仕事をした。そして、竹内の力は凄かった。今日のジャンプを昨日できていれば金メダルをバーダルと争えていたと思う。ちゅうか、君たち、女の子の前では無様なジャンプはできないと、いつもより頑張り過ぎだぞ(笑)。いつもその気持ちで飛んでくれていいぞ。伊東くん、2本目が終わって本当に嬉しそうだった。そういう顔、自分の試合でも、男子団体でも見たこと無い。

とにかく、良かったね!
これがジャンプ界全体のポジティブスパイラルのきっかけになってくれると、なお嬉しい。


|

« 勝負を分けた、プレダッツオNHの二面性 世界選手権ノーマルヒル大会 | Main | ストッコ、名実共にマリシュを継ぐ存在となる 世界選手権 ラージヒル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/56835814

Listed below are links to weblogs that reference やったーーー 世界選手権 混合団体:

« 勝負を分けた、プレダッツオNHの二面性 世界選手権ノーマルヒル大会 | Main | ストッコ、名実共にマリシュを継ぐ存在となる 世界選手権 ラージヒル »