« スロベニア、4本の矢 ヴィリンゲン | Main | 10万ユーロのプレッシャー オーベルストドルフ »

February 13, 2013

もう一歩だ クリンゲンタール

1回目の結果を仕事場でチラッと見て、期待を胸にそそくさと家に帰った。
しかし、2回目の中継はなくてガッカリ。風で延び延びになっていたので、尺に入らなかった。ドイツが強く人気のあるバイアスロンの中継を飛ばすわけもなく・・・・。

風のくるくる舞う、非常にスリリングな試合だったようで・・・ウインドファクターはちゃんと効いているみたいだが、それでも瞬間的な突風とか、追い風を救う効果は無い。

YouTubeで最後の3人のジャンプを見ることができた。すごいやん、たっくん。風に恵まれずに2位になっている。シュレリーの方が風が良かったんじゃないか。シュレリーが上回れなかったとき、ちょっと夢見たね。しかし、ヴァラも本物だった。こんなにあっさり勝ってしまうとは。ラストジャンパーで失速した経験、ジュニア選手権で得た自信と勝つ感覚、それが見事にここで生きた。

竹内の順番は必ず、近いうちに回ってくるだろう。今日のクオリティのジャンプを続けることができれば。

スロヴェニアはチームツアー勝利にかなり近づいた。フライング団体で何かとんでもないことでも起こらない限り、というぐらいの余裕がある。クラニェッツ・テペシュのフリーガーコンビは燃えているだろう。こうなると逆に追う方にプレッシャーがかかるから、逆転は難しい。

|

« スロベニア、4本の矢 ヴィリンゲン | Main | 10万ユーロのプレッシャー オーベルストドルフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/56762091

Listed below are links to weblogs that reference もう一歩だ クリンゲンタール:

« スロベニア、4本の矢 ヴィリンゲン | Main | 10万ユーロのプレッシャー オーベルストドルフ »