« シュレリー、絶対王者へ ジャンプ週間第4戦 ビショフスホーフェン | Main | 欠けているピース »

January 12, 2013

皆様お疲れ ポーランド・シリーズ

金曜の朝、久しぶりに霜が降りていた。クリスマス前から続いていた、異常な温かさと湿気がようやく去り、冬らしい日々が戻ってきた。

ジャンパーたちはジャンプ週間の疲れを癒す間もないまま、ポーランドを転戦。15日間で7戦というスケジュールは誰が組んだんだろう。今年はクリスマス・新年が週末とまったく重ならないという特殊な並びになっていることもあるが・・・。

その上、今週は気候の潮目に重なってしまい、もともと風の吹きやすいポーランドの台は大荒れ。特に団体戦は風だけで決まってしまったような試合になった。

土曜日は比較的いい試合だったが、オーストリア勢は散々な結果に終わった。シュレリーはインフルエンザでダウンして、何とかぶっつけで出場したがシングルがやっと。疲れからか、ジャンプがバラバラになっているジャンパーも多く見られた。やはり調整なしで転戦転戦は無理があるということだろう。

来週は大倉山だが、何人が日本に飛ぶだろうか・・・私がヨーロッパのチームの監督なら、トップチームは行かせない。休養と調整が絶対に必要だ。一方、日本チームにとっては、建て直しと景気付けのまたとない機会となるであろう。42歳の岡部が何かやってくれそうな気がしているんだけど・・・・・。

土曜の竹内の予選と2本目はいいジャンプだった。1本目の完成度がもう少しあれば表彰台に届いてもおかしくないレベルだった。その秘密は、真新しいミズノのスーツにあると見た。伊東ももう少しで2回目に進めるところまで来ている。

しかし何故、調子が上向きだった葛西と清水だけが日本に先に帰ったんだろう?謎ということにしてあまり深く考えないようにしよう。

|

« シュレリー、絶対王者へ ジャンプ週間第4戦 ビショフスホーフェン | Main | 欠けているピース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/56527968

Listed below are links to weblogs that reference 皆様お疲れ ポーランド・シリーズ:

« シュレリー、絶対王者へ ジャンプ週間第4戦 ビショフスホーフェン | Main | 欠けているピース »