« ほんとうのカムバック ジャンプ週間開幕 オーベルストドルフ | Main | シュレリーの憂鬱 ジャンプ週間第2戦 ガルミッシュ »

January 01, 2013

2013年

いつものように、年明けを待ちきれない花火の音がそこかしこで聞こえる。

この一年、早かったようでもあり、とても長かったようでもある。
ふたつの自分が入替わり立ち替わり現れた。
この2人の時間感覚はまったく異なるものだった。
だらだらと無駄に過したという感覚もあるし、充実していたという感覚もある。

何を求め、何を捨てる?
そういう問答ばかりしていたのかもしれない。
オーディオのことは、その一つの現われでしかなかった。
そういう問答をすること自体が無駄で、まず捨てるべきことだと思うのだが。
ちゅうか、そんなこと言ってられるんだから幸せなんと違うか?これ以上、何を望む?

とにかく、次の一年の皆の心身の健康を祈る。
それさえあれば、なんとかなっていくんだろう。

|

« ほんとうのカムバック ジャンプ週間開幕 オーベルストドルフ | Main | シュレリーの憂鬱 ジャンプ週間第2戦 ガルミッシュ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/56441307

Listed below are links to weblogs that reference 2013年:

« ほんとうのカムバック ジャンプ週間開幕 オーベルストドルフ | Main | シュレリーの憂鬱 ジャンプ週間第2戦 ガルミッシュ »