« シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 | Main | モルゲンシュターン 強烈なパフォーマンス オーベルストドルフ »

December 24, 2010

ジャンプ週間に向けて

雪は途切れることなく降り続いている。予報では今週はかなり暖かく雨のはずだったのだが、思ったより気温が上がらず。そしてクリスマスはかなり厳しい寒さになりそう。ドイツでもっとも暖かいと思われるノルトラインの平地でこれだからねぇ。

シュリーレンツァウアーがジャンプ週間の初めの2戦を欠場することがオーストリアチームから発表された。しかし、これは後の2戦に出る可能性を残したということであり、思ったより怪我の状況が良いことを示している。とにかく、万全の状態で戻ってくることを期待している。

現状ではモルギー・コフラーコンビ対マリシュということになるが、このクリスマス休みに各チームで何かが起こらないとも限らない。ミラクルがあるとすれば、やっぱりアマンか。彼は夏に腰痛で出遅れて、新しいマテリアルをきちんと試せないままにシーズンに入ってしまったとのこと。今季の彼はこれまで、いまや「古い」タイプのオリジナル・KAMビンディング、つまりオリンピック当時と同じもので飛んでいたという。もし、新しいビンディングをここで投入できたら・・・・去年のオリンピックと同じことが起こるかもしれない。ただ、オリンピックのときはその前のクリンゲンタールで試していた。地元開催だったエンゲルベルクでアマンのパフォーマンスに変化が見られなかったということは・・・今回は無理なんじゃないかというのが一応の予想ではある。あと、ジャンプ週間の台は全体としてフリーガータイプに有利なので、気候次第ではノルウェーの選手には可能性があると思う。調子を上げているエーベンセンが03-04シーズンのペターセンのような大化けをするかもしれない。

もちろん、伊東には期待している。ビショフスホーフェンを残して帰国するという、こちらの感覚ではありえない決定を実力で反故にしてほしい。けっぱれ!

|

« シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 | Main | モルゲンシュターン 強烈なパフォーマンス オーベルストドルフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/50385585

Listed below are links to weblogs that reference ジャンプ週間に向けて:

« シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 | Main | モルゲンシュターン 強烈なパフォーマンス オーベルストドルフ »