« シビアでセンシティブなリレハンメル モルゲンシュターン二連勝 | Main | シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 »

December 12, 2010

かわいそうなハラコフ

土曜の朝、まだ暗い中、風の音で目が覚めた。すごい風だった。この風が半日後にはチェコに行く。こりゃジャンプどころではないんじゃないかと思ったら・・・・案の定、テレビに映し出されたハラコフは吹雪。誰が見ても無理な状況。試合を待つ間にインタビューを受けていたシュスターコーチは「地下室からビールを持ってきたほうがいい」と視聴者にアドバイスを送り、あきらめ顔だった。

結局30分待って土曜は早々に中止となり日曜の朝へ順延。しかし、明けても風と雪は収まらず、順延、順延の後結局は午後へ。話によれば午後2時から土曜の試合、続いて日曜の試合もするらしい・・・・とはいえ、風の中の一発勝負となると運の勝負。そうなれば日本勢にもチャンスがありそうだし、少し期待してしまう。

そうこうしているうちに2時になった。しかし、始まる気配はまったくない。こりゃ駄目だな(結局3時前に中止決定)。こういうときもある。ジャンパーたちは8時半にジャンプ台集合だったらしい。さぞ疲れたことだろう。もっと疲れたのは早朝から台の整備に力を尽くした運営側の人たち。それに吹雪の中待ち続けた観客。みんな体調を崩さなければいいんだけど・・・。なんとか、もうちょっと早めに判断できんものか。

ここらへんも暗くどんよりとした天気で気が滅入る。クリスマスやアドヴェントの催しは、人々の精神を保つ必要性から生まれたのかもしれない、と思う。

|

« シビアでセンシティブなリレハンメル モルゲンシュターン二連勝 | Main | シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/50286033

Listed below are links to weblogs that reference かわいそうなハラコフ:

« シビアでセンシティブなリレハンメル モルゲンシュターン二連勝 | Main | シュリが離脱もオーストリア無敵 エンゲルベルク3連戦 »