« 伊東大貴、GP制覇 そして、ズビの引退によせて | Main | サマーGPを通じて感じたこと »

August 15, 2010

雨のケルン

朝からずっと雨が降り続くことなんて、久しぶりだ。
今年の夏は何か今までと違う。猛暑の後、日本の梅雨というか、春の蒸し暑い日みたいな天気が続いている。朝、外に出てみると、昔、子供の頃にラジオ体操に外に出た時のような空気感があってビックリした。空気が湿気をたたえてねっとりと、でもひんやりと肌に当たる・・・。温暖化でドイツは昔の日本のような気候に近づき、日本はトロピカルな気候になっていっているのかもしれないな。

そんな中でケルンではラインラントポカル。案の定、2頭が回避して5頭立ての寂しいレースとなった。しかも、どの馬も重得意とは言いがたい。Schwerのボロボロの馬場では重の巧拙はあまり関係ないかもしれないと思い、経験を買ってキジャーノに賭けてみたが・・・・。彼は本当に重は下手だった・・・2年前のドイツ賞と同じく、いくら頑張っても進まない状況で動けず。またゴドルフィン馬に賞金をかっさらわれてしまった。人気のZazouはギリギリまで追い出しを待ってみたが、やっぱり最後は止まってしまった。もう、チャンピオンディスタンスで走ることはないだろう。

荒天の中、アインシーデルンで行われたサマーグランプリでは、伊東が連勝を飾った。強風のため1回目で打ち切りになる幸運もあったが、2回目があってもかなり高い確率で勝っていたと思う。彼の最長不倒のジャンプはかなり神がかっていた。アマンが乗り移ったような・・・・・いや、もともと彼のジャンプはアマンのジャンプに近い。サッツ時のほんの少しの体重移動の溜めが懐の深さを生み、ものすごく遠いマキシマムにつながっているように見えた。あ、これは斉藤の技術か!とにかく、こうなったら勝てるときに勝っておきましょう!

|

« 伊東大貴、GP制覇 そして、ズビの引退によせて | Main | サマーGPを通じて感じたこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/49158451

Listed below are links to weblogs that reference 雨のケルン:

« 伊東大貴、GP制覇 そして、ズビの引退によせて | Main | サマーGPを通じて感じたこと »