« 雨のケルン | Main | なんと!マリシュ失格、伊東が夏の王者に/英ダービー馬の誇り »

August 29, 2010

サマーGPを通じて感じたこと

天気が不安定で気が滅入る感じ・・・・雷が鳴ったり、急に暑くなったり寒くなったり。今年の夏はずっと変だった。過去形なのは、もう夏は去ったから。今日の気温は15℃ぐらいしかない。日本は残暑が厳しいようだが・・・・。

サマーグランプリ白馬大会は生中継してくれて助かった。そのために白馬で夜に大会をするのは大変だっただろう。伊東の2連勝とGP制覇を期待したけど、まぁ、そうは問屋が卸さず。2日目には地の利が消えて、絶好調のポーランドコンビの後塵を拝したか・・・・。こうなったら秋にも自力でタイトルを獲りに来て欲しい。2戦残して150点の差は普通ならセーフティーリード。でも、マリシュは普通に連勝する奴だぞ。自分で50点取りに来るべきだ。

クバツキとストッコはどうやら本物らしい。ストッコは今日2回とも失敗気味のジャンプだったと思うんだけど、勝ってるし。冬でもトップ10には入ってくるんじゃないか。あと、今日の栃本の1回目のジャンプは素晴らしかった。かなりの地力アップを感じた。これがいつも出せるようになれば勝負に入ってこれると思う。

葛西の怪我は残念だけど、あまりひどくなくてよかった。1ヶ月ならいい休養になるだろう。ジャンプ週間に間に合えばいい。

サマーグランプリ全体を通して・・・・やはり、BMIルール変更の影響はごく軽微だといえる。逆に軽いジャンパーが明らかに有利。マリシュや伊東などBMI20.5に達しないジャンパーが飛べるということは、BMIルールが想定するスキーの長さ削減による浮力減よりも、体重の軽さが有利に働いているということだろう。スキーとビンディングの進歩でスキーが短くても浮力を得られるようになっているようだ。軽くて飛べるジャンパーは技術があるので、新しいビンディングをうまく使えているということだけなのかもしれないけど。

ビンディングに関してはKAMビンディングのいろんなバリエーションが見られたり、逆に元に戻すジャンパーも多かったり、混迷を極めている。不気味なのは4強国が手の内を見せていないように見えること。特にオーストリア・・・・。オリンピックが終わって、休んでいるだけだとは思えない。最終戦のクリンゲンタールでは何か見えてくるんじゃないかなと思っている。

|

« 雨のケルン | Main | なんと!マリシュ失格、伊東が夏の王者に/英ダービー馬の誇り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/49289992

Listed below are links to weblogs that reference サマーGPを通じて感じたこと:

« 雨のケルン | Main | なんと!マリシュ失格、伊東が夏の王者に/英ダービー馬の誇り »