« WMフィーバーの中で Zazouダービーへ 175. Oppenheim-Union-Rennen | Main | ザルツブルク »

June 29, 2010

本当によくやった

ワールドカップで日本がPK戦で負ける・・・・
こんなこと、ありえないことだと思っていたし、今もそう思う。

ギュンター・ネッツアーは120分間、ひどい試合を見たと言うが・・・・。
彼の基準から言えば、日本と闘った4つのチーム、すべてのチームがひどい試合をしたことになる。
これは偶然か?

サッカーは素人だけど、これは岡田ジャパンの戦い方によってもたらされた必然だったと断言できる。
結局、まともな失点は1点もなかった。ワールドカップに進んだ4つのチームが、まともなゴールを一度も入れられなかったのである・・・・。これが偶然であるわけがないだろう。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
明らかに力で劣ると腹を決めて戦い、敵をいらだたせ、疲れさせる。
古来より、無勢が多勢に勝つための方法だ。
そして、それこそが日本的な戦いだと岡田は教えてくれた。
サッカーと言う、日本人には向いていないスポーツにおいて、日本が勝つにはどうしたらいいかを徹底的に考えて実践した。

今までと違う手ごたえを日本サッカーに持てた。
選手たちに、経験をベースとした内面的な底力を感じた。
サッカーが本当に日本に根付いてきたことを感じられた4つの試合だった。

傷つき、疲れた体をしっかりと癒してください。
次の舞台に向かって走り出すまで・・・。

|

« WMフィーバーの中で Zazouダービーへ 175. Oppenheim-Union-Rennen | Main | ザルツブルク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/48754789

Listed below are links to weblogs that reference 本当によくやった:

« WMフィーバーの中で Zazouダービーへ 175. Oppenheim-Union-Rennen | Main | ザルツブルク »