« エール2 | Main | 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 »

February 20, 2010

アマンのビンディング

個人ラージヒルはもうすぐ。
誰もがアマンの金メダルを疑わない中、彼のマテリアルについてちょっとした騒動が持ち上がっている。それは、彼のビンディングについてオーストリアがFISに異議の申し立てを行ったからだ。

彼のビンディングにはアルミのポストがあり、それに紐ではなく直接、リングのようなものでブーツがくっついている。もう一つの特徴はその金属のポストが、少し内側に曲がっていること。

この新しいビンディングは、オーストリアの言い分では新しいシステムであり、それは5月1日のレギュレーション会議で承認されなくてはならないという。

しかし、このビンディングはFISのレギュレーション担当によってチェックされ、新しいシステムではなく、安全上の問題もなく、適法であるとされていた。

その異議はとりあえず直前になって取り下げられ、アマンはそのビンディングでラージヒル本戦を飛ぶことができることになった。

アマンはそれを既にクリンゲンタールの試合から使っていた。
このタイミングでこのような申し立てを行うことは、心理作戦か、はたまた単なるやっかみか。私には、オーストリアの焦りが出てしまっているというふうにしか見えない。これが、ジャンパーに伝わらなければいいのだけど。

メディアや周りの論調は、アマン擁護に傾いている。
それは、このコヨンコフスキーの言葉に集約されている。
「オーストリアは鏡に映る自分を見るべきだ」

|

« エール2 | Main | 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/47621490

Listed below are links to weblogs that reference アマンのビンディング:

« エール2 | Main | 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 »