« 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 | Main | 未だ時を得ず フィギュアスケート女子 (追記) »

February 23, 2010

オーストリア、圧倒的な力を見せ付ける バンクーバーオリンピック スキージャンプ団体

“バシーン”
葛西のサッツからはそんな音が聞こえてきそうだった。
140m、完璧なテレマーク。

5位と言う結果そのものは、不本意だったかもしれない。
でも、伊東が切り込み、若い二人がきちんとつなぎ、葛西が決める。日本はチームとして完璧に機能し、ベストを尽くした。1000点を越えた。誇りに思う。

アホネンは個人戦の試技で膝を負傷していた。靭帯不全断裂の重傷。それでも彼は団体戦の出場を訴えたという。もちろん不可能だ。でも、その意思は間違いなく残りの4人に伝わり、彼らのジャンプからは個人戦で垣間見えた不安定さが消えていた。メダルには届かなかったが、いい戦いだった。

最後まで4人目が決まらなかったノルウェー。バーダルは堅かった・・・2回とも7位のブレーキ。1番手のブレーキは大きい。私なら調子のいいヒルデを1番手にするのだが。それでも個人では案外だったヤコブセンが真のエースの働きをし、底力でメダルを確保した。

ドイツ人はチームとしてうまく機能すると物凄いパフォーマンスを出すことがある。好調ノイマイヤーの“ライデンシャフト”は若いヴァンクに伝わった。この二人が不安定なシュミットを助け、ウアマンに余裕を与えた。そこまで見越しての完璧なチームオーダー。銀メダルに値するチームの力だった。

絶対、間違いなし。圧倒的な力を持つオーストリアだが、本当は勝負に絶対などありえない。しかし。8本のすべてのジャンプが圧倒的だった。8本中6本が1位。残りの2回は、飛びすぎて転倒しそうになり減点されたもの。恐れ入りました。当然の金。

みんな、すごいよ。
4年後、また。

|

« 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 | Main | 未だ時を得ず フィギュアスケート女子 (追記) »

Comments

こんばんは。

日本はメダルなしに終わってしまいましたが・・・
葛西選手がトップに近い大ジャンプを見せてくれたので
嬉しかったです。
次のオリンピックも目指すそうです。
これからも是非応援していきたいですね。

Posted by: snowwhite | February 23, 2010 at 12:44 PM

そうですね!
日本チーム、よくやったと思います。
まだ若いチームです。葛西も含めて(*^-^)。

Posted by: かずやん | February 23, 2010 at 08:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/47641660

Listed below are links to weblogs that reference オーストリア、圧倒的な力を見せ付ける バンクーバーオリンピック スキージャンプ団体:

« 風の女神もさじを投げた アマン、前人未到の個人4冠 バンクーバーオリンピック ラージヒル個人 | Main | 未だ時を得ず フィギュアスケート女子 (追記) »