« 刻々と変わる条件の中で ジャンプ週間第1戦オーベルストドルフ | Main | シュリーレンツァウアーやっと地元で勝った インスブルック »

January 01, 2010

謹賀新年 予定調和のガルミッシュ

今年も、爆音とともに年が明けた。
新年を告げる花火は年々派手になっているように思う。2段式の花火が多くなった。昨日は風が無かったので、花火が終わるころには街中が煙たくなっていた。ケルンの中心部とかはもっとすごいんだろうな。日本の街中で冬にあれをやったら火事が頻発すると思う・・・。

去年を振り返ってみると、(少なくとも表面的には)平穏無事な一年だったと言える。今年もそうであることを切に願う。今年のキーワードはコミュニケーション。自分の言いたいこと、言うべきことをきちんと言うことを意識していきたい。

さて、ガルミッシュの新年ジャンプは、非常に良い条件の下で予定調和に終了した。結果はシュリーレンツァウアーの逃げ切り勝ち。彼はアプローチに少し問題を抱えていると思うが、それでも条件が公平で2本そろえば勝ててしまうということだろう。ロイツル、アマンもそれぞれの持ち味を存分に発揮して表彰台へ。コフラーは2本ともバッチリとは行かなかったものの、それなりにそろえて僅差の4位となりジャンプ週間総合王者へ一歩以上前進した。

ここにきてアホネンが急激に調子を上げている。今日の2本目は、本当にアホネンらしいジャンプだった。ビショフスホーフェンあたりで勝つかもしれないぞ。

それにしても、オーストリア・チームの5番目のオリンピック代表争いは熾烈を極めている。すでに4人は決定的。その4人ともに金メダルの可能性があり、また、メダル独占の可能性がある。そのバックアップを勤めるのは、コッホかトゥルンビックラーかミュラーか・・・。なんと贅沢な悩みだろう!オーストリアBチームというのが認められたら、そのチームはノルウェーと銀メダル争いをするだろう。一人、日本にくれんかのう・・・・。

|

« 刻々と変わる条件の中で ジャンプ週間第1戦オーベルストドルフ | Main | シュリーレンツァウアーやっと地元で勝った インスブルック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/47181704

Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年 予定調和のガルミッシュ:

« 刻々と変わる条件の中で ジャンプ週間第1戦オーベルストドルフ | Main | シュリーレンツァウアーやっと地元で勝った インスブルック »