« これだよ!こんな感じ!ストリームトランスポート | Main | スピーカー配置を考える その2 »

October 11, 2009

スピーカー配置を考える その1

最近、某ステレオサウンド誌上では部屋の特性を考える特集が盛んに組まれ、人々を啓蒙している。あそこまでいわれたら、気になって仕方がないのがオーディオマニアの性(さが)というものだ。かといって、完璧なプロポーションを持つオーディオルームを建てるなどというのは私にとっては永遠の夢でしかない。知らなければ幸せだったものを・・・となじりたい気持ちも無くはない。

といっても自分は恵まれているのだろう。とりあえずオーディオに使える部屋があるのだから。この部屋は約4.4m x 3.9mの大きさで、日本的にいえば正方形に近い変形10畳間ということになる。天井高は255cmで、これはドイツの標準よりも多少低いと思われる。分厚いコンクリートの、しっかりとした壁で3方は囲まれているが、一方向は大きく開いていて(開口部の大きさは幅225cm x 高さ190cm)本棚とカーテンで隣の部屋と仕切られている。つまり隣とは音響的にはかなりツーツーである。その反対側には大き目の窓があり、カーテンがかけられている(下図)。天井はコンクリートに塗装、床はフローリングで、ともにかなり固い。部分的にカーペットが敷いてあるが、全体としてはライブな部屋と言える。手拍子をすると、鳴き竜が起こるほどフラッターエコーがある。

Heya_3


Arkadiaの「ブレイクイン」終了後、天井の低い部屋では横長配置の方がよいとのお言葉に従い、まず図のように横長配置にしてみた。ところが・・・何か間違った音がするのである。ブレイクインでスピーカーにはちょっと無理をさせたので、何かを壊したんじゃないかと思ったのはこの時。どこがどう、と言う前に何かが鳴っていないような感触があるのだ。こういうときは結線が間違っていて逆相になっていたりするから、慎重に結線を確認してみたが、何も間違っていない。

壊れたりとかそういうことを知るためにも、とりあえずこの状態で音響測定してみよう。べリンガーDEQ2496にコンデンサーマイクを接続、いよいよ初の測定である。DEQ2496からピンクノイズを発生させ、スペクトラムアナライザーのAVRAGEモードで1分間の平均スペクトラムを計測・・・・その結果・・・

1st_mess_2


何じゃこりゃぁ!(松田優作風)

(間欠的に続く)

|

« これだよ!こんな感じ!ストリームトランスポート | Main | スピーカー配置を考える その2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/46460789

Listed below are links to weblogs that reference スピーカー配置を考える その1:

« これだよ!こんな感じ!ストリームトランスポート | Main | スピーカー配置を考える その2 »