« 自分のスピーカー探し(5) | Main | 自分のスピーカー探し(7) »

September 11, 2009

自分のスピーカー探し(6)

ということは、まず自分に合う販売店を見つけることが重要だということになる。

Stereoplay誌などの広告でケルン・ボンの近辺にある販売店を調べ、HPがある場合は取り扱いメーカーや商品リストをチェック。残念ながら、Harbethをちゃんと扱っている店はここらにはないことが判明。またSonus Faberもそれほどメジャーではないようだ。Sonus Faberがリストにある販売店にMinimaは置いてあるかとメールで問い合わせてみたが、どこもAuditor MはあるがMinimaはないと言う。Auditor Mはいいスピーカーなんだろうけど、ちょっと高すぎるし、その雰囲気は自分の「身の丈」に合わないと感じる・・・・。聴けないのなら仕方がない。ということで、この時点で、候補の上から3つだったB&W、Harbeth、Sonus faberが消えてしまうという事態となった。

ここはヨーロッパなのに日本よりもヨーロッパ製スピーカーの品揃えが悪いというのはどういうことなのだろう?と思うかもしれないが、結局、ドイツは英・仏・伊とは違う国だというシンプルな理由がそこにあった。ドイツで求められている音はドイツのメーカーが提供しているのだから、(地理的には近くても)他の国のスピーカーの需要はないということなのだ。需要のないところに供給無し。日本のオーディオ事情の特殊性(舶来主義)をこんな形で知るとはね・・・。

ということは、ここに住んでいる以上、ドイツ製のスピーカーにも当たってみるのがスジってもんだろう。そう思いを新たにしてもう一度販売店の取り扱いリストに目を通す。すると、ケルンにある販売店の一つ、HIFI ATELIERのリストにある一つの名前が目に入った。
(続く)

|

« 自分のスピーカー探し(5) | Main | 自分のスピーカー探し(7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/46180901

Listed below are links to weblogs that reference 自分のスピーカー探し(6):

« 自分のスピーカー探し(5) | Main | 自分のスピーカー探し(7) »