« 新ルールのテストを兼ねてサマーGP開幕 ヒンターツァールテン | Main | 世界陸上にハマッてます・・・ »

August 16, 2009

いろいろありすぎて・・・まとめて

もう夏は終わったなぁ・・・と思っていたら週末になって急にまた暑くなった。来週はもっと暑くなるらしい。ベルリンでは世界陸上が開幕したが、この調子では暑さとの戦いとなりそうだ。

その世界陸上をずーっとライブで放送しているので、つい見てしまう。日本人選手たちが奮闘しているのを見ると、なんだか心強く感じる。夜のセッションに出ている選手達は、時差調整とか大変だと思うな。

ケルンではラインラント・ポカル。シュパーカッセ(銀行)の名前はどこにもないので、スポンサーを降りちゃったみたいだな。絶好の馬場で3歳馬達が古馬一線級に挑戦する。頭数は少ないが、今後を占う上で重要なレースだ。Wiener Walzerはここで少なくともいい勝負をしないと、今年の牡馬に対する低評価を決定付けてしまう。また、今回は非常に手ごわい海外からの刺客が・・・それは今年、ドバイ・シーマクラシックを勝ったEastern Anthem。彼はKazziaの仔なんですねぇ。イギリスではダメだったらしいが、平坦なケルンで大化けしそうな予感もある。どうもポカルは持って行かれそうな気が・・・・と思っていた。

レースはWiener Walzerが引っ張る形となり番手に僚馬のGetaway、以下きれいに二列縦隊で淡々と進んだ。ペースの起伏もなく、ヨーイドン的なレースとなった。結果としては前2頭による行った行ったに終わったが、両馬の馬体を合せての叩きあいは見ごたえがあり、パフォーマンスはかなり高いものがあった。とりあえずWiener Walzerはこういう速い馬場でのスピード勝負なら一流馬とも太刀打ちできるところを見せたと言えるだろう。追い込み馬のEastern Anthemにとっては展開的にノーチャンスという感じもあったけど、1流馬なら勝負どころであんなにモタモタしてはダメだと思う。最後はバラバラになってたしね。

サマージャンプGPは過密日程で開幕中。新ルールは既に定着の勢いで、ジュリー、各陣営ともにいろいろと試している。見る方もかなり慣れてきた。すると、結構頭の中で計算できるようになってくるものなのである。こうなってくると、見せ方、実況の仕方で面白さは保たれるような気がしてきた・・・。まず、風速を降りた後でも良いから画面に表示して欲しい。そして、最後の点数表示でちゃんとゲート、ウインドによる増減を表示してくれ。

風の影響はWind factorでは均しきれないことははっきりしてきた。やっぱり、向かい風の方が少し有利に見える。また、風が回っていたり、横風が強かったりした時は不条理感も出ている。しかし、今の補正は偶然かもしれないが絶妙な塩梅に思える。風の影響を低減して条件によるノーチャンスを救いながら、かつ、多少のギャンブル性も残されている。あとは、風向の影響をどう補正するか・・・。前からのベクトルだけを抽出するとか、横風にも少しプラスを与えるとか・・・・そういう細かな議論はやっているのだろう。

当初は新ルールに対して非常に拒否感が強かったのだけど、一週間を経た今、うまくやればジャンプ競技を一つ上のステージに上げることができる可能性を秘めたルールだと認めざるを得ない・・・・。面白さを保つための見せ方の方は、テレビ局の努力に期待しよう。

さて、結果のほうだけど、アマンが絶好調。シュリとロイツルがいないのだから、当然のトップ独走とも言えるか。次のザコパネにはシュリ・ロイツル・アホネンらも出場するらしいから、そこで大体の勢力図が明らかになるだろう。また、日本選手たちは絶好調と言っていい。今日の伊東2位(惜しかった)を含めてシングル、入賞は当たり前の状況。このまま順調に行ってほしい。

|

« 新ルールのテストを兼ねてサマーGP開幕 ヒンターツァールテン | Main | 世界陸上にハマッてます・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/45949648

Listed below are links to weblogs that reference いろいろありすぎて・・・まとめて:

« 新ルールのテストを兼ねてサマーGP開幕 ヒンターツァールテン | Main | 世界陸上にハマッてます・・・ »