« 何で無いの?と思っているモノ (1) | Main | 何で無いの?と思っているモノ (3) »

July 26, 2009

何で無いの?と思っているモノ (2)

でも、アキュフェーズDG48は買えない。昔(もう4年も前になるのか・・)書いたオーディオ製品のコストパフォーマンスの図9でいえば、DG48の値段は、それだけでbmを越え、amにかなり近いのが実情である。イコライザーは“アクセサリー”なのだから、それにそんなお金をかけるのは馬鹿げている。本当に必要かどうかもわからないのに。でも、イコライジングはやってみたい・・・・部屋の問題を補正し、音を作ることが本当にできるのか、自分で確かめてみたい。

だから・・・べリンガーDEQ2496をデジタル接続で使うことに決めた。巷の情報を信じるなら、この安いプロ用のシグナルプロセッサーはハイエンド・オーディオにも組み込めるクオリティがある。ただし、デジタル領域で使う限りにおいて。それは、感覚的にも、不必要なAD変換のプロセスや、位相がおかしくなりそうなアナログでのイコライジングを完全に避けることができるのがいい。オーディオにおいて、こういう感覚ってとても大事だろう。

だから、ソース機器には高品位なデジタル出力があればいいのである。イメージとしては、音楽に特化したストリーム・プレーヤーで、デジタルに特化したもの。ごくシンプルにサーバー上にある音楽ファイルのデータから、ジッタ・フリーのきれいなデジタル・データを出力するもの。対応ファイル形式はWAV/AIFF(PCM)だけでいいが、192KHz/24ビットのデータには対応してもらわないと困る。可逆圧縮音源のFLACやApple Lossless、非可逆圧縮音源のMP3とAACへの対応はあってもいいが無くてもかまわない。iTunesのプレイリストには対応して欲しいか。付加的な機能としては・・・アップサンプリングとワードクロック入力があったらとても嬉しい。DEQ2496との接続を考えるなら、バランス(AES/EBU)のデジタル出力も欲しいなぁ。あ、もちろん、イコライザーも一緒になっていてもいいかな。

このストリームプレーヤーは可動領域はゼロ、アナログ回路はほとんど無いに等しい。映像を扱える最新のシグナルプロセッサーなら、音楽データのみのプロセッシングなんて軽い処理だ。必要なものは小さな基板が一枚と電源部。つまり・・・値段が高くなりようがない。AVアンプを作っているメーカーなら、そのデジタル部を取り出して、インターフェースを整え、LANのI/O回路を足せばいいだけじゃないか?

LINN Klimax DSの発売以降、このつぼに嵌る製品が出るのをずっと待っていた。最近、こんなマルチプレーヤーやら、ネットワークオーディオ対応一体型プレーヤーやら、出た。でも自分の欲しいものじゃない。欲しいのはそのデジタル部分だけなのに。デジタル信号を汚す、いらない可動領域、電気を食う部分を排してシンプルに徹したものなんだよ~。USB接続ならこれがコンセプト的にかなり近いのだが・・・。

LINN DSに続くようにストリームプレーヤーが各社から雨後のタケノコのように出て百花繚乱の様相になると思っていたのだが、そうならなかった理由の一つには、iPodが流行りすぎたことがあるだろう。各社、USB入力の方に流れた。だがもう一歩進んで穿った見方をすれば、こんな利幅の取れない、ニッチなものを作れないというのが本音なんじゃないかな。しかも、(たぶん)音がいい。これを作ってしまうと(利幅の大きい)高級ディスクプレーヤー(トランスポート)の価値が無くなってしまう。だから・・・大メーカーだけでなく、A社やE社なども二の足を踏んでいるんじゃないか。また、オーディオ専業ガレージ系メーカーには、ストリームプレーヤー開発に必要なコンピューター部分のプログラミングがハードルが高いんじゃなかろうか。

今感じている不条理感は、ブラックコーヒーが飲みたくて喫茶店に入ったのに、モーニングセットやカフェオレ、あるいは紅茶しかメニューに無い、みたいな感じである。
(まだ続く・・・)

|

« 何で無いの?と思っているモノ (1) | Main | 何で無いの?と思っているモノ (3) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/45746469

Listed below are links to weblogs that reference 何で無いの?と思っているモノ (2):

« 何で無いの?と思っているモノ (1) | Main | 何で無いの?と思っているモノ (3) »