« アホネンの引退に寄せて | Main | 怒涛のコンサートラッシュ at ケルンフィルハーモニー、シュターツカペレ・ドレスデン/内田光子 »

April 08, 2008

おとなしいOriental Tiger ~Grand Prix Aufgalopp

頭が競馬に切り替わらないのは、春が来ないから。
先々週にケルン競馬場の芝開催がスタートしたが、当日、朝起きると外は銀世界だった。雪の中で平場開催に行くほどのモチベーションはなかった・・・。

そして、先週の日曜日。今年の初重賞、そしてEgertonが出てくるとあってさすがに重い腰を上げた。しとしとと降り続いていた冷たい雨は上がったが、風はまさに身を切るよう。陽光は暖かいが、暖かいのは日に当たっている面だけ。鼻水をたらしながらの観戦であった。

馬場は、じっとりと底まで水を含んだような重馬場。
1レースの3歳未勝利は、前が飛ばしすぎて後ろからトボトボついていった馬2頭で決まるという大荒れとなった。勝ったNo Pardonは大外にぶっ飛んでいって、全馬を差し切ってしまったのだ。こりゃどうなることかと思ったのだが・・・。

2レースの未勝利では初出走の牝馬、Florianaが圧勝。直線は引き離す一方だった。パドックからこれは間違いないと思えるほどの仕上がりと気配で、さすが若駒はオストマン厩舎といったところ。オークス路線に名乗りを上げたと言っていいだろう。ここで幸先良く稼がせていただいた。

しかし・・次の3-6レースで4連続で1番人気が勝利するという堅い決着が続いた。基本的に1番人気は買わない上に1レースのこともあったので、2レースで稼いだ分をあらかたすってしまった。5レースのマイルのリステッドでは重賞2連勝のMharadonoが登場。相手が全馬条件馬だから一本かぶりになると思っていたのに、予想に反して結構人気が割れた。心が揺れたが、パドックでいかにも休み明けの一叩きといった風情を漂わせる彼を見て、結局買えず。結果は見てのとおり、自分でレースを作って余裕の勝利といったところ。さすがにこの相手には負けんだろうということか。

そして、メインのGrand Prix Aufgalopp。去年のこのレースの覇者でもあるEgertonは、基本的には良馬場で持ち味を出すタイプ。もしかしたら回避するんじゃないかと思っていたが、ちゃんと出てきた。が・・・いつもは惚れ惚れするような滑らかでやわらかい歩き方をするのに、歩様が明らかに硬い。これはマズイ、来ない、と思った。すると、長期休み明けでも実力のあるOriental Tigerか。Tiger Hillの仔は一本調子なところがありしかもスタミナ豊富、重馬場は大歓迎だ。が・・・なんと、彼にも大きな変化が。これまではパドックでも気の悪さをみせて目の奥に狂気をたたえていたのに、今日の彼はなんとおとなしいことか。ブリンカーの奥にのぞく目はつぶらで澄んでいる。どういうことだ、これは。私は混乱した。これはいい変化に見えるが、もしかしたら競争意欲を失ったのかもしれない・・・。ボシャートの引退でヘリヤーへの乗り代わりも不確定要素だ。うーむ。

かといって他の馬に買うべき要素はなかった。明け4歳馬に期待したいところだが、EiswindやWaldvogelにオーラは感じなかった。結局、Waldvogelにちょっとだけ期待料を賭けて、見るレースにしてしまった。

結果は、Oriental Tigerがちゃんとヘリヤーの言うことを聞き、横綱相撲の圧勝。重馬場を利した人気薄が2,3着に突っ込むというレースとなってしまった。つまり、Oriental Tigerのみがしっかり走ったレースであったということだ。

こんなこと言ってはなんだけど、Oriental Tigerはこんなところで2番人気で勝つのではなく、GIで爆走して大穴を開けて欲しかったなぁ。これで、目標にされる存在となってしまったじゃないか。こうなると逃げ馬はなかなかGIでは勝てない。ずーーっと狙ってたのにな・・・・。

結局、馬券的にはスミ1となって、トントンに終わった。1番人気を買えないという天邪鬼さを克服すべきだな・・・と思った日だった。それよりなにより、もうちょっと暖かくなってくれんことには・・・。

|

« アホネンの引退に寄せて | Main | 怒涛のコンサートラッシュ at ケルンフィルハーモニー、シュターツカペレ・ドレスデン/内田光子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/40822540

Listed below are links to weblogs that reference おとなしいOriental Tiger ~Grand Prix Aufgalopp:

« アホネンの引退に寄せて | Main | 怒涛のコンサートラッシュ at ケルンフィルハーモニー、シュターツカペレ・ドレスデン/内田光子 »