« 小さい勝負に大きな喜び | Main | Axxos 人気を背負いダービーへ 172. Oppenheim-Union-Rennen »

June 04, 2007

Mystic Lips 圧勝 Henkel Preis der Diana

日曜日にデュッセルドルフで行われたディアナ賞は、ギニーで2着だったMystic Lipsが制した。スタートからハナに立ち、短い距離を使われてきたせいで道中多少折り合いを欠きながらも、直線に入って追われると離す一方で最後は流して5馬身差という圧勝であった。

このレースで1番人気に推されたのはシュレンダーハンのMiramareだったのだが、ゲート入りで散々ごねて結局発走除外となってしまった。そのあおりで散々だったのは競馬場。彼女がらみの馬券を払い戻すことになり、売り上げの何割かを一挙に失ってしまった。どうも、デュッセルドルフ競馬場には疫病神がついているらしい。

ところで、このMystic Lips、父がジェネラスで母Majorata はディアナ馬Majoritätにアカテナンゴという血統である。うーむ、我が愛しのMalinasの姪っ子じゃないか。しかも両馬ともNijinskyの直系で、Malinasの父Lomitasの母父はアカテナンゴの父Surumuだから、かなりの類似配合である。

芝さんもおっしゃるように、この馬をギニーで一蹴したMi Emmaの強さが際立ってくる。コロネーションステークスが楽しみになってきた。

話は変わるが、英国ダービーのオーソライズドはとんでもない強さだったねぇ。待ち望んだスター出現ということですな。無事に凱旋門賞まで進んで、ウォッカの挑戦を受けてほしいと思う。

|

« 小さい勝負に大きな喜び | Main | Axxos 人気を背負いダービーへ 172. Oppenheim-Union-Rennen »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/15320057

Listed below are links to weblogs that reference Mystic Lips 圧勝 Henkel Preis der Diana :

« 小さい勝負に大きな喜び | Main | Axxos 人気を背負いダービーへ 172. Oppenheim-Union-Rennen »