« Mystic Lips 圧勝 Henkel Preis der Diana | Main | 雨雨雨・・・ »

June 10, 2007

Axxos 人気を背負いダービーへ 172. Oppenheim-Union-Rennen

今日は蒸し暑い日だった。水分が飽和したような重い空気と、今にも雷雲がムクムクと立ちそうな雰囲気の中、伝統のウニオン・レネンが行われた。最終的に雨は降らず、馬場のコンディションは良。

今年の牡馬クラシック路線の混戦模様を象徴するかのように人気は割れていた。最終的に一番人気に推されたのはConillonだったが、5番人気のGlobal Dreamですら5.6倍であり、7頭立てのレースとしては実質的に5頭が横並びという感じだった。パドックで見る限り、休養明けのKaleo以外は問題ないように見えた。私は買うつもりだったAntekにピンと来なかった上、Axxosが「走るMonsun」の雰囲気-ギュッとコンパクトな馬体と力強い踏み込み-をプンプン漂わせていること、贔屓目かConillonが騎手が乗って気配を出し始めたことから、大いに迷ってしまった。それまでさんざん負けていたこともあって、結局Conillonの応援馬券だけ買い、見るレースとしてしまった。

レースは、戦前の予想通りAxxosがすんなりとペースを握り、2番手にノルウェーのAppel Au Maitre、番手の内Sommerstrum、その外Conillon、その後ろAntekとGlobal Dreamが追走し、Kaleoは定位置の最後方。レースは若干スローでそのままの隊列で淡々と進み、3コーナーに入って急に速くなる上がりの競馬となった。直線に入って追われたAxxosは素晴らしい反応を見せ、一気にセーフティーリードを作る。そのまま後続を封じて完勝。番手からしっかり伸びたAppel Au Maitreがジリジリと伸びてきたConillonを抑えきって2着、勝負どころで置かれたSommersturmは最後の最後に伸びてきたが4着まで。Antekは伸びを欠き5着に終わった。

レース全体の流れとしてはヨーイドンの前残り。後ろから行く各馬にはつらいレースとなった。Axxosは今年の牡馬の中ではスケールとして一歩抜きん出ていると思う。今回、仕上がりすぎていた感があるのが本番に向けての唯一の気がかり。2着のAppel Au Maitreはダービーにも登録があり参戦の模様。馬体はマイラータイプに見えるが、今日の走りからいってもペースによっては着を拾う可能性は充分にあると思う。Conillonはまだ出来上がっていない馬だと思うし、馬体も仕上げられていない。ダービーまでにどれくらい成長するかが鍵。Sommersturmは一旦置かれたところから最後伸びてきたあたり、もっと距離伸びて良さそうだ。今日のようなヨーイドンは向かなかった。Antekは流れが向かなかったが、ちょっと負けすぎとも思う。今日は条件的にベストに思えただけに、本番での巻き返しは難しいのではないか。

残るダービートライアルはブレーメンのみ。今のところAxxos一歩リードというところだろう。

|

« Mystic Lips 圧勝 Henkel Preis der Diana | Main | 雨雨雨・・・ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/15391134

Listed below are links to weblogs that reference Axxos 人気を背負いダービーへ 172. Oppenheim-Union-Rennen:

« Mystic Lips 圧勝 Henkel Preis der Diana | Main | 雨雨雨・・・ »