« Fährhof 反攻の狼煙 Grosser Preis der Sparkasse Dortmund | Main | 小さい勝負に大きな喜び »

May 20, 2007

世界各地で嬉しい勝利

今日は世界各地でいろいろとレースがあって、落ち着いていられなかった(笑)。

シャドウゲイトのシンガポールでのGI制覇はすばらしいねぇ。あまり恵まれたレースでなかったと思うのに、結局は横綱相撲ということになった。日本で重賞を勝てる馬は、海外では条件さえ合えばGIを勝てるということを再度証明した。日本馬による凱旋門賞やキングジョージの制覇は、GI馬ではなく日本ではGIに届かないような馬が腰を据えて遠征することよって成し遂げられるのではないかといつも思っている・・・例えばトウカイトリックあたり(笑)。

ロンシャンのイスパーン賞で、とうとう、ManduroがGIを勝った。少頭数のとんでもないスローのレースだったらしいが、まぁ、彼向きだったということになるでしょう。次はアスコットにて、もう一つ上のレベルでそのパフォーマンスを見せてください。

イタリアダービーではShrekが2着に入ったそうで。どうやら人気薄に油揚げをさらわれたようですな。でも、あの完成度でダービー2着とはとんでもない潜在能力だ。遠征好きのヴェーラー厩舎に馬主はパオリニでおなじみのOstermann-Richter女史ということで、今後も国外での活躍の期待大。

国内ベンツ賞では、Prince Floriが道中引っかかりながらも、直線では大外一閃の豪脚を炸裂させ、人気に応えた。2着は好位から一時は勝ったと思ったEgarton。なんといいますか、時空を越えたバーデン大賞の再現のような結果ですな(笑)。3着には逃げに打って出たSchiaparelliが粘り、ダービー馬の面目を保った。4着のDonaldsonは番手で折り合いコーナーで内を出し抜くという、以前の彼からは想像できない器用な走りを見せていた。一つ下のレベルならいつでも勝てるぐらいの進歩だと思う。それぞれがそれぞれの持ち味を出したいいレースだった。

|

« Fährhof 反攻の狼煙 Grosser Preis der Sparkasse Dortmund | Main | 小さい勝負に大きな喜び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/15147487

Listed below are links to weblogs that reference 世界各地で嬉しい勝利:

« Fährhof 反攻の狼煙 Grosser Preis der Sparkasse Dortmund | Main | 小さい勝負に大きな喜び »