« ユリア・フィッシャーのコンサート | Main | 世界各地で嬉しい勝利 »

May 17, 2007

Fährhof 反攻の狼煙 Grosser Preis der Sparkasse Dortmund

先週末より急に寒くなって、雨がちの天候となった。5月に入るといつもこのような、花冷えとも言うべき時期がある。

そんな中、バーデンでは春開催が華やかに行われている。Lucky StrikeはUS-LANDBANKING-CUP (ex 36. Benazet-Rennen)でいつものように大外を飛んで、このレース3勝目を上げた。おじさん、やりますなぁ。

裏のドルトムントでは、ダービーに直結するステップレースの一つ、Grosser Preis der Sparkasse Dortmundが行われた。このレースにはNext Styleが断然人気として出走するが、私自身の本命はレットゲンの秘密兵器、Antekだった。ただ、雨がちな天候で馬場がやわらかくなっているのがこの馬にとってどう出るかと思っていた。もう一頭、惑星としてFährhof の期待を背負うConillonが出走しており、実はこの馬はドイツ競馬POGにおける私の1番馬だったのだが、前走の負け方から、もうダービーは諦めた・・・というのが本音だった。

が、蓋を開けてみれば、Next Styleが作り出した非常に厳しいレースの流れから、直線に入って楽々と抜け出したのはConillonであった!最後Antekが強襲したが、それを横目にもうひと伸びし余裕で抑え切った。非常に味のある、価値の高いレース振りだったと思う。Antekは最後の切れ味が馬場に少し殺がれた感じだったが、こちらもなんら悲観するようなレースではなかったと思う。一方、Next Styleとウルマン男爵の超高額馬、Persian Stormは上位とは差があるという印象で、ダービーへの道は険しくなったと言わざるを得ない。

まだ、POGではダービーを獲っていない。今度こそ・・・の期待が生まれた。

|

« ユリア・フィッシャーのコンサート | Main | 世界各地で嬉しい勝利 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/15110945

Listed below are links to weblogs that reference Fährhof 反攻の狼煙 Grosser Preis der Sparkasse Dortmund:

« ユリア・フィッシャーのコンサート | Main | 世界各地で嬉しい勝利 »